台湾の大学への進学

 この3月に卒業した生徒2人が来校し、台湾の大学への進学が決まったことを報告してくれました。2人とも、2年生の時に学校で実施された「海外大学フェア」で台湾進学について知り、そこから台湾の大学への進学を目指すようになりました。

 1人は、台中にある逢甲大学の情報工学科へ進学します。もう1人は、高雄にある義守大学の国際企業経営学科へ進学します。この生徒は、同時に初年度学費全額免除の給付奨学金も獲得しました。

 当初、新型コロナウィルス感染拡大の影響でしばらく渡航せずにオンラインで大学の授業を受ける話も出ていましたが、8月に渡航し、14日間の隔離期間を経て、大学生活を送ることができるようです。

 不安もあるけれど、これからの台湾での大学生活への楽しみや期待が勝っている感じでした。もっと台湾に進学する人が増えてほしい!と話していたので、ぜひ、台湾の大学の話を聞かせてほしいです。帰国したら、また来校して元気な顔を見せてください。

Bon Voyage!!

カテゴリー: 73回生, 6-緑窓会・卒業生の話題, SGH タグ: , パーマリンク