天を仰いで 379 県高教育の魂

大雨・洪水警報が発令され、今日は臨時休校となりました。雨自体は朝に止み、6月に学校再開以来、土日以外に休日がなかった生徒のみんなは一息つけたかもしれませんね。ただ、明日も雨の予報です。災害や事故に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、これ以上何も起こらないよう切に祈っています。

学校では、本日、令和3年度に使用する教科書の選定委員会を開催しました。教科書は生徒に与える影響が大きいので、教員の独断で選ぶことはできません。県教育委員会が作成した目録の中から、本校が定めた選定方針に基づいて、教科の教員全員で選んだ上、その理由を選定委員会で説明する必要があります。

委員会には各教科の主任、教務部、管理職だけでなく、PTA会長様にも出席していただきました。なぜこの教科書を選んだのか、生徒の実態や教育の計画等を踏まえて協議しました。教科書は県高教育の魂です。県高生に最適な教科書を選ぶことができたと確信しています。御協力いただいた皆様、ありがとうございました。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク