天を仰いで 357 言語環境の整備

放送室の前には小さな黒板が置いていあって、時々に応じて短歌が引用されています。おそらく部の顧問が書いてくれているのだと思いますが、いつも楽しみにしています。今書かれているのは、特に好きです。何度読んでもしみじみします。岩尾淳子さんは、岡井隆さんが発行する短歌雑誌『未來』に所属する現代歌人だそうです。

心には形がありません。心の形を思わせるもの、心に形を与えるものの代表が言葉だと思います。だから、言葉は大切にしたい。美しい心からは美しい言葉があふれ、豊かな言葉からは豊かな心が生まれる。特に学校は美しく豊かな言葉ばかりにしたいと思います。

学校再開3日目が終わりました。勉強というものは時間と空間を縦横無尽に行き交う航海のようなものかもしれません。久しぶりの毎日の授業、生徒のみんなはそろそろ疲れが出るころかもしれません。家ではゆっくりすごして、また明日、元気に登校してください。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク