天を仰いで 353 安全への強い連携を

昨日、伊丹警察署に行きました。「学校経営の重点」にあるとおり、本校は「登下校の安全の確保」を本年度の研究テーマに掲げ、新しい取組をしようと考えています。6月からいよいよ学校が再開し、1・2年生は「学校再開要領」のとおり午後登校もします。そこで、何よりもまず警察に自転車登校の安全指導についてお願いにうかがったわけです。

署長に時間を取っていただき、御挨拶することができました。伊丹市は平地なので自転車での移動が便利だが、細い路地が入り組み、信号のない交差点が多いので気を付けなければならないとのことでした。すべての交差点に警察官の立番をお願いすることなんてとてもできません。我々一人一人が常に自覚して、安全運転を心がけるしかないと思いました。

話が終わって署長室を出たところで、「警察学校にいましたよね?」と署の幹部から声を掛けられました。うかがうと警察学校の副校長だった時に出会っていて、しかも、初任で勤めた高校の生徒さんでした。偶然の再会を喜びあい、互いによく知る先生の話でしばし歓談しました。今後とも、県高生ともども、よろしくお願いします!

カテゴリー: 校長室から パーマリンク