天を仰いで 319 次のステップへ高く!

SGHを担当する部長がニコニコして2冊の冊子を持ってきてくれました。1つは「SGH研究開発実践報告書 5年次 令和元年度」。国から指定を受けた5年間の実践報告です。A4版約100頁。もう1つは「SGH令和元年度 生徒作品集」。事業最終年度となる本年度、探究活動を進めた、みんなのレポートを収録した冊子です。約110タイトル。A4版約360頁。

グローバル・リーダーを育成するにはどうすればよいか? この問いの答えは、まだ誰も知りません。我々は5年間、その難問に取り組みました。試行錯誤を繰り返し、教員同士、意見が分かれて議論することはしばしば。思うようにいかず、方向転換を余儀なくされたこともありました。

そんな中で、生徒のみんなは、精一杯の努力を続けてくれました。時には厳しい批判を受け、何度も何度も壁にぶつかっては乗り越えて力をつけてきました。この2冊は県立伊丹高等学校の貴重な財産です。感動することなしに、読むことなんてできません。

今年度でSGHは終了します。我々はここまで登ってきました。来年度からは、この発射台から新しい高みを目指して大きくステップを踏み出します。冊子を読みながら、新しい学びへのチャレンジにワクワクします。

カテゴリー: 校長室から, SGH パーマリンク