天を仰いで 316 学校は生徒がいてこそ

今日は令和2年度第3学期終業式でした。県教委の方針により、県立高校は3月16日から23日までの延長された臨時休業期間中、2日を限度として登校日を設定してもよいことになりました。そこで、本校は昨日と本日、2日間連続して登校日とし、本日、終業式を行いました。

朝の混雑や入試の合格者発表を避け、登校は午後11時30分。すぐにHRに入って、式は放送で行いました。教頭がスピーカーから開式を宣言し、号令をかけて各教室で起立、礼。校長にバトンタッチして準備した原稿を読み上げます。放送室でマイクに向かって話したのは初めてです。緊張しました~w。

式後はLHR、清掃ののち終了。放課後は2時間以内の部活動を認めました。学校のあらゆるところから生徒の声や活動する音が聞こえてきます。ありがたい気持ちが耳から頭、体全体にじわじわ広がるようです。早くこういう日常を取り戻すよう、みんなで力を合わせたいと思います。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク