天を仰いで 307 ミモザの思い出

今日も自転車で休日出勤。帰り道、満開のミモザを見つけました。

昔々、京都の八坂神社の前にある何必(かひつ)館で大好きな写真家の展覧会がありました。と言っても、誰だったか名前が思い出せません。。。ドアノーだったか、アーウイットだったか、ブレッソンだったか。

いずれにしても、家の食堂でしょう、飾り気のない室内で、赤黒く日焼けして、固太りした初老の労働者が、妻に黄色のミモザの花束を贈っていました。二人の嬉しそうな、はにかんだ表情かなぜか忘れられまん。白黒写真でしたけどねw。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク