天を仰いで 289 2代目枝垂れ桜

業者さんにお願いをして、体育館前の枝垂れ桜の植え替えをしました。緑窓会(同窓会)が行う校内緑化の一環として、10月に樹木医を招いて判断した体育館前の2本の枝垂れ桜です。枯れた木は、昨日、ユンボで根こそぎ掘り起こされ、軽トラックに乗せられてドナドナ。大きな空洞だけが地面に二つ残っていました。

今日、そこに新しい木が植えられました。まだ、細く、低い。枝もほとんどに枝垂れてはいません。作業をしていた業者の方に、「隣の桜ぐらいになるには何年ぐらいかかりますか?」と聞いてみると、「ずいぶんかかりますね」とだけ言われました。たしなめられたような気がして、せっかちなことを聞いてしまったと反省しました。

どうか県高の土地になじみで、深く根付き、生徒たちを長く見守ってほしい思います。緑窓会の皆さん、どうもありがとうございました。新しい県高の一員として大事にします。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク