天を仰いで 222 地域に守られた有岡小学校

今日は東リいたみホールにおいて、伊丹市立有岡小学校創立50周年記念式典が挙行されました。朝からの雨に自家用車を持っていない校長はどうやって行こうかと心配していましたが、昼前にはあがってくれました。あたたかな日光もさしてきて、まるで天もお祝いするかのようです。

開会挨拶、国歌斉唱の後、児童からのメッセージがありました。普通の周年行事なら、最初は校長式辞です。代表の6年生が堂々と登壇し、落ち着いて話し始めました。スピーチの終わり近くに、「有岡小学校は地域に開かれた、地域に守られた学校です」と言ったのが強く印象に残りました。こんな言葉を、毎日、地域で子供たちを見守っておられるお年寄りが聞かれたらどんなに喜ばれるでしょうか。

次に5年生、6年生全員がそれぞれ舞台に上がり、合唱を披露してくれました。どちらの学年も100人以上います。みんなが体全体を使って、一心に歌う姿に感動しました。その後、来賓祝辞、校長式辞があり、式典は終了しました。子供が主人公、子供が中心となった、素晴らしい式典に参列させていただきました。有岡小学校50周年に心からお祝いを申し上げます。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク