天を仰いで 213 変わった宿り木

日に日に木々が色づいてきました。今はサクラの葉が一番かななどと思いながら、校内を歩いていたら、めずらしい紅葉を見つけました。

北館の南側にはヤシの木が13本も植えられています。80周年記念誌に掲載された植生調査にすでに記録されているので、かなりの樹齢のようです。そのうちの一本に鮮やかな赤色に染まった葉があります。ヤシは常緑だから目立ちます。

近づいて見てみると、幹の途中に別の植物が寄生してるのでした。紅葉するまでは気づきませんでした。何の木かはわかりませんが、ほれぼれするような色合いです。互いの木は互いを気にしていないでしょうか。ともに枯れずに、ずっと一緒にあってほしいなと思いました。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク