天を仰いで 208 生けられた小春

「今日は昨日とうって変わって、小春日和となりましたね」と、会議のために外から来た他校の教頭さんにいったら、「外は結構冷たい風が吹いてますよ」とたしなめられました。そうか!校長室にはこの花があったからか!と気付きました。

県高説明会や緑窓会総会をもてなすために、茶華道部が緑創館2階に生け花を飾ってくれていました。そのお下がりを、昨日、わざわざ部員が校長室に持ってきてくれました。ひまわりとグロリオサと柳の新芽が寄せられています。

柳が実に伸びやかなんです。写真では分かりにくいんですが、春の息吹というか、陽炎のゆらめきというか、絶妙の曲げ具合で、暖色の花たちと相まって、見ているだけでポカポカします。花に暖められるということがあるのだと初めて知りました。ありがとうございました。

カテゴリー: 校長室から, 部活(文化部), 5-生徒の活動 パーマリンク