天を仰いで 206 未来の自分との出会い

今日は午前10時から緑創館で、緑窓会(同窓会)総会があり、70名ほどの緑窓生がお集まりになりました。吹奏楽部の演奏から始まり、会務報告、講演会、放送部の動画発表、懇親会と続き、途中に緑奏会による演奏やイントロ当てクイズ、最後は校歌の大合唱で幕を閉じました。和やかな素晴らしい会でした。準備、運営、出演いただいたすべての皆さんに、心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

講演会の講師は緑窓生の元タカラジェンヌ麻樹ゆめみさんでした。小学6年生で初めて「ベルばら」を御覧になり、「夢を追いかけてみよう!」と思われたそうです。ダンスなどを本格的に習い始めたのは高校1年から。高校3年の時、ついに40倍の難関を突破。しかも首席合格です。どれほどの努力を捧げられたのでしょう。トークの後に聴かせていただいた歌の美しさは、まだ心に響いています。

放送部の動画は、卒業式に招待された50年前の先輩から触発され、自分の50年後を考えるという企画でした。未来学の研究者にインタビューするシーンがありました。未来はわからない、だから、理想の未来をみんなでつくりあげようという趣旨のお話でした。自分の夢を諦めず、自分の未来をかたち造る。県高生のみんなには、素晴らしい先輩方のお話をいっぱい聞いて、見習ってほしいと思いました。

カテゴリー: 校長室から, 6-緑窓会・卒業生の話題 パーマリンク