カテゴリー別アーカイブ: 部活動 文化部

美術部が兵庫県立美術館で作品鑑賞会を実施しました。(6月18日)

兵庫県立美術館で開催されている「ベルギー奇想の系譜展」を鑑賞してきました。この展覧会はベルギーに生まれた奇想の表現を15、16世紀のフランドル絵画から現代のコンテンポラリー・アートまで国内外のコレクションが展示されています。

       

県立美術館前           新宮晋さんの作品前

ボスやブリューゲルの作品の緻密さに感心したり、印刷で見たことのあるマグリットの本物の作品を鑑賞することができて刺激になりました。また、現代のヤン・ファーブルの作品を鑑賞し表現の多様性を感じることができました。

     

ヤノベ・ケンジさんの作品   常設展の作品を鑑賞

企画展鑑賞後、常設展示の作品も鑑賞しました。展示作品の中には、県立尼崎中学(現高校)卒業の白髪一雄さんの作品が展示されており、作品の持つ迫力に圧倒されました。生徒たちは時間をかけて鑑賞し、充実した一日を送ることができました。

  

抽象作品を鑑賞          白髪一雄さんの作品を鑑賞

美術部顧問

放送部が個人部門で県大会に進出(6月4日)

6月4日(日)に大阪芸術大学短期大学部伊丹学舎で行われた、「第64回NHK杯全国高校放送コンテスト兵庫県大会」の地区予選で、本校放送部の3年生が、朗読部門で入賞し、県大会に出場することになりました。朗読部門は、この地区は参加生徒数が多く2会場で行われ、この生徒が参加した会場では、71名中9名が県大会に出場できる、その中に選ばれました。

県大会は、神戸市の甲南大学を会場に17日(土)に準決勝、18日(日)に決勝が行われます。

応援いただきました保護者の皆様に御礼申し上げます。

担当:放送部顧問

 

運河博覧会「うんぱく2017」に教育と絆コースと吹奏楽部が参加してきました。

           

11時の開会式と同時に『県アマレンジャー』の寸劇が始まりました。運河をよごすウンガヨゴスが引き連れた悪党3人から運河を守るためにレッド、ブルー、イエロー、ピンク、グリーンの県アマレンジャーたちが、運河に集まったお客さんの力をかりて、ウンガヨゴスを反省させるお話でした。寸劇後は吹奏楽部の演奏があり、観客の方々が青空のもと音楽を楽しまれました。

                                 

吹奏楽部の演奏後、教育と絆コースのブースではキッズコーナーを開店させました。バルーンアートでは剣や犬など来場者のリクエストに合わせて作りました。磁石を使った手作りの魚つりコーナーや輪投げなどの出し物では子どもたちが熱心に挑戦していました。景品はお菓子すくいなどがあり、こちらも人気のコーナーでした。

     

お面作りでは、ピカチュウやミニオン、はなかっぱ、ジバニャンなど人気のキャラクターを作ることができました。色水の入ったペットボトルを的にした輪投げもありました。

    

キャラクターの絵に手作りのボールを当てる的当てやスーパーボールすくいも人気でした。

      

天気もよく、来場者も多く、楽しい一日となりました。

   

        

教育と絆コース担当者

演劇部:平成28年度春期発表会:クッキーGIRL

3月29日から31日にかけて、塚口にあるピッコロシアターで、阪神支部の春期発表会が開かれました。県尼演劇部は31日に出演しました。

タイトルは『クッキーGIRL』(作:HTN~1年S’)。バレンタインデーからホワイトデーにかけて、女子高生仲良し3人組が男の子をめぐってぶつかり合うお話です。1年生(新2年生)たちが相談し合いながら、作りました。

短い練習期間にも関わらず、作品の完成度は高いと言ってもらえました。批評用紙にも感想をたくさん書いてもらい、今後の励みになりました。みんなで協力し合った甲斐がありました。

4月からは新3年生、新2年生となり、新入生を迎えます。平成29年度も演劇部をよろしくお願いします。

演劇部顧問

 

書道部4名が墨 兵庫オープン展2017において受賞しました。(3月25日、26日)

墨 兵庫オープン展2017 第40回記念 相生総合書道展に書道部の生徒4名が出品し、受賞しました。(受賞者は以下の通り)

相生書人会賞 3年 奥山 愛音

金賞 1年 望月 美駒

佳作 3年 藤井 佑香

、2年 大山 千尋

相生書人会主催(平成28年度相生市芸術文化活動助成事業)で相生市文化会館「扶桑電通なぎさホール」1階中ホールにおいて、平成29年3月25日(土)と26日(日)に展示されました。

書道部顧問