「教育と絆コース」カテゴリーアーカイブ

2年生教育と絆コースの生徒が第2回植樹体験を尼崎中央緑地パークセンターで実施してきました。(3月6日)

2年生教育と絆コースの生徒が昨年の7月に続いて第2回社会基盤学習(植樹体験)を尼崎中央緑地パークセンターで実施してきました。まずはアマフォレストの会の高木一宇会長から実際に森を作るには除草など大変な作業を地道に行わないといけないことなどを聞いた後、本日の作業についての説明を受けました。

  

A班、B班の2グループに分かれて作業を実施しました。今回は他校の児童が植樹した場所において発育の悪い個所に新しい苗木を植樹しました。苗木を植える穴を掘り、ポットから出した苗木の根を土に這わせることができるようにほぐし、穴に植えるという作業です。植えた苗木を引っ張ってすぐに抜けないようにしっかりと植えました。

   

植樹した後は水をたっぷりとやり、その後間伐材のチップをまいて雑草がついたり育ったりしないようにしました。

   

次は「県尼活動の森」の除草作業と間伐作業を行いました。間伐作業では高く育った木でも、木が密集している場所では良い木を育てるために不必要な木を根本から切りました。切り取った木はチップをつくるためある程度の長さに切りました。

   

   

風が強く気温も低い中、生徒たちは一生懸命作業に集中して行うことができ、高木会長からは一人一人が良く頑張っていたとお褒めの言葉をいただきました。

   

教育と絆コース担当

1年生教育と絆コースの生徒がアマフォレストの会の高木一宇会長から講義を聞きました。(3月8日)

1年生教育と絆コースの生徒がアマフォレストの会の高木一宇会長から講義を聞きました。2年生では7月と3月の2回尼崎の森中央緑地パークセンターで植樹体験を実施するので活動の事前学習を兼ねて、尼崎の森の状況、森の大切さから、植林する木の種類や方法、現在のの活動などを聞きました。今回の講演を生かして実際に尼崎の森での植林作業等に取り組んでいきたいと思います。

  

教育と絆コース担当者

第3回教育と絆コース集会(1年生、2年生)を開催しました。(3月7日)

第3回教育と絆コース集会(1年生、2年生)を開催しました。今回はレクリエーション実習として「キンボール」をしました。「キンボール」のルールや競技の内容については本校の教育総合類型を卒業し、現在は本校の講師である豊川先生の指導を受けました。

  

毎年、前年度にキンボールを経験している2年生が手本を見せて1年生に教えるのですが、豊川先生は教える時には大げさに動作することが大切であることと、楽しそうに伝えるようにするようアドバイスをしていました。

   

1年生と2年生が実際に試合をしてキンボールを知ることができ、さらに学年間を越えた親睦を深めることができました。

教育と絆コース担当

インターピープル:世代間交流行事(3月2日:金曜日)

毎年恒例の『インターピープル』が行われました。この行事は、世代を超えた地域の人々とのふれあいを通して、普段交流の少ない世代から様々なことを学び、お互いに影響を与え合い、理解し合うことを目的としています。

第1部(午前)では、近隣の慈愛幼稚園、西長洲保育所の3~5歳児の皆さんをお招きし、教育と絆コース1,2年生と交流しました。

・柔道場では、教育と絆コース2年生が西長洲保育園の皆さんと「エビカニクス」を一緒に踊ったり、生徒手作りの大型紙芝居「しろくまのパンツ」を楽しんでもらったりしました。

 

 

・体育館フロアでは、教育と絆コース1年生が慈愛幼稚園の皆さんに、生徒が考えたシルエットクイズや紙芝居などを楽しんでもらい、最後に一緒に「エビカニクス」を踊りました。

 

 

第2部(午後)は、近隣の金楽寺老人会、喜楽苑の皆さんをお招きし、生徒会、文化部の生徒と交流を深めました。県尼を訪問していただいた記念に美術部が作成したマグネットをプレゼントしました。プロの紙芝居師による紙芝居を、シニアの皆さんは懐かしく、生徒は新鮮に鑑賞し、茶道部の呈茶を楽しんでいただきました。

 

 

広報・図書部