平成30年度1学期終業式(7月20日:金曜日)

1学期終業式が行われました。

校長先生の講話では、前日実施された避難訓練を振り返り、パワーポイントを用いて、日頃からの防災意識の大切さを話しました。『昨日の防災訓練はあくまでも基本の基本です。・・・2011年 東日本大震災の「釜石の奇跡」と「大槌高校」の話を教訓としてお話します・・・。釜石の中学生は8年間しっかりと防災に対して学習していた。・・・・大槌高校では、高校へ避難してきた人にたいして、炊き出し、名簿作り、ローソク配りなど、生徒たちが自ら仕事を探して行動した。生徒が明るく行動する姿が、被災者を精神的に支えた。・・・・』

表彰伝達では、

  • 男子バドミントン部が、兵庫県高等学校体育連盟阪神地区バドミントン選手権大会で、男子シングルスで優勝、男子ダブルスで第3位
  • 男子バドミントン部が、68回尼崎市民スポーツ祭バドミントン大会で、男子三部複で優勝、男子二部単で優勝
  • 水泳部が、平成30年度尼崎市民スポーツ祭水泳競技大会(高校の部)で、男子100mバタフライで第3位

また、生徒指導部長より、ラグビー部今藤堅太君(3年生:合同チームラグビーフットボール大会の兵庫県代表選手)が近畿ブロックの代表選手に選ばれ、キャプテンに任命された快挙を披露されました。また、今藤君から長野県上田市菅平高原で行われる第14回全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会(7/30~8/2)への意気込みが話されました。

 

生徒会代表からは、夏休みの過ごし方、生徒指導部長からは夏休みの諸注意が話されました。

 

広報・図書部