救急法講習会(運動部対象):7月23・24日

部活動中の不測の事態に備えるために各運動部代表者に救急法の講習を保健部が行いました。「部活動中に事故が起こった場合、救急車が到着するまでの間、心肺蘇生を行うことが傷病者の救命率をあげる重大なポイントです。救急救命で一番大切なことは、その場に居合わせた人達が心肺蘇生に対して正しい知識を持って、協力して迅速に取り組めるかどうかです。心肺蘇生は難しいものではなく、だれでも、講習を受ければできるものです。」と趣旨説明があり、養護教諭の先生方がフリップで手順を確認しながら模範実演をされました。

その後、グループに分かれ、参加者全員が手順を確認しながら、トレーニング用AEDを使用してAEDを含む心肺蘇生を体験しました。

 

 

 

また、この夏の猛暑の中での部活動について注意喚起があり、熱中症の症状や予防、対処法を確認しました。

保健部、広報・図書部