1年生教育と絆コースの生徒が第2回新聞読み方講座を受講しました。(11月2日)

1年生教育と絆コースの生徒が第2回新聞読み方講座を受講しました。講師は朝日新聞社の中島大介先生でした。今回の講座の最初に朝日新聞社の記者である宮武努氏をお招きして話をしていただきました。その後、宮武氏が今回の講座の様子を記事にする予定だそうです。

  

今回の講座のテーマは「天声人語について」でした。天声人語は朝日新聞において長く続いている内容で、その内容の信頼度から大学入試で使われることが多いことを聞きました。天声人語の最初の部分はつかみで文章の真ん中の要点の部分を「あんこ」と業界用語ではよんでいるそうです。

  

演習では実際に天声人語を書き写したり、天声人語を1分間読んで覚えているところまでを書くという作業をしました。29文字以上が10代レベル、28文字から27文字が20代レベル、26文字から25文字が30代レベル、24文字から23文字が40代レベル、22文字から21文字が50代レベル、20文字から19文字が60代レベル、18文字以下が70代レベルでした。

  

20代レベルの生徒も多く、最高70文字以上記憶している生徒もいました。また、トリビア質問で、「朝日新聞社が飼っていた動物はなんでしょうか?」という問いに、正解の鳥という回答をしたのは1人だけでした。昔は伝書鳩として鳥を飼っていたそうです。

教育と絆コース担当者