第40回兵庫県高等学校総合文化祭 美術・工芸部門に美術部の生徒5名が出品しています。(11月8日)

40回兵庫県高等学校総合文化祭美術・工芸部門展が、兵庫県立美術館ギャラリー棟3階で118日から10日まで開催されます。絵画、立体造形、デザイン、工芸、映像作品が82校304点展示されています。本校美術部門からも絵画で2年生迫田奈七、尾藤菜々花、デザインに2年井島千菜、工芸に2年冨田莉央、川嶋穂月が出品しています。

aaaa1  aaaa4-2-2

迫田奈七

aaaa2  aaaa5

尾藤菜々花            井島千菜          

aaaa4  aaaa8-2

冨田莉央、川嶋穂月(共同作品)

aaaa7  aaaa6

搬入の11月6日には成安造形大学の水谷米博氏(空間デザイン領域 教授)の「ドリームキャッチャー(インディアンのお守り)を作ろう」というワークショップ(ドリームキャッチャーとは、イーグルフェザー(鷲の羽)や皮素材、ビーなどのキットなどを使ったクラフトです。イヤリングやペンダント、家の壁飾りなどとして使われます。また、インディアンの中では、お守りとして、幸運を呼び、悪運を払い、夢を実現してくれると信じられています。)が開催され、熱心に取り組みました。出来上がった作品の一部は11月10日から開催される近畿総合文化祭に参加する各府県の生徒たちにお土産として渡す予定にしています。

ぜひご鑑賞ください。