【2・3年生:倫理】第3回赤ちゃん先生プロジェクト(10月25日)

10月25日(火)に2年生、3年生それぞれの選択授業「倫理」で、「第3回赤ちゃん先生」(全4回)を実施しました。

赤ちゃん先生は、NPO法人ママの働き方応援隊のプロジェクトの一環で、赤ちゃんが先生となり、命やキャリアについて考えるものです。

このプロジェクトを通して、生命や育児、キャリアについて体験的に学習し、生命倫理の諸課題を考える礎としていきます。

3年生の今回の授業では、
虐待によって乳児が命を落とした事例を基に、「育児中のお母さんの現実」についてディスカッションを行いました。

事件の概要を聞いた生徒たちはとてもショックだった様子で、
「赤ちゃんがかわいそう」「親として責任感がない」「ありえない」「信じられない」などの意見が出てきました。

そのあと、育児中のママ講師さんからは、「他人事ではない」「子どもにイライラすることもある」など、事件を起こした母親が追い詰められていくことへの共感の気持ちを話していただきました。
生徒たちにとって、ママ講師さんの共感の気持ちは驚きで、思っている以上に育児が大変であることや周りのサポートが大切であることを身に染みて感じたようでした。

最後に、妊娠・出産の頃にとてもつらい経験をされたママ講師さんから、「赤ちゃんが産まれてすぐに母親になれるわけではない」という話を伺い、命を授かることの難しさを感じるとともに、
「今はいろいろな人に支えられて子どもが可愛くて仕方がない」との話から、自分ができることはないかと生徒たちは真剣に考えていました。

2年生の今回の授業では、
エコー写真や産まれた時の写真を見ながら、「命の奇跡-妊娠・出産-」の話をママ講師さんから伺いました。

妊娠の大変さ、周りのサポートの大切さを感じ、妊娠・出産がいかに「命の奇跡」であるかを実感したようでした。

授業の後半のわずか5分ではありますが、ママ講師さんが退出され、生徒だけで赤ちゃんの育児体験を行いました。
ママがいなくなった途端、泣き出す赤ちゃんにオロオロしながらも一生懸命に赤ちゃんとコミュニケーションをとろうとする生徒たちの暖かい行動が印象的でした。

27日(木)の授業では、両学年ともに各班で発表を行い、全体で感じたことをシェアしました。

次回は11月29日(火)の実施を予定しています。

 

3年生の授業の様子

img_6737 img_6738

2年生の授業の様子

img_6760  img_6777

公民科教諭