合格者説明会(3月22日:金曜日)

合格者への入学前説明会が午後に行われました。この日初めて4月から74回生となる生徒さんが全員集まりました。本校での学校生活や諸手続きの説明や、提出書類の回収がありました。まだ、出身中学校の制服ですが、このメンバーで3年間高校生活を送ることとなります。新入生の皆さん、入学に向けて準備を進めてください。

 

広報・図書部

平成30年度3学期終業式(3月22日:金曜日)

3学期終業式が行われました。

校長先生の式辞では、「昆虫から学ぶ」というタイトルでお話しされました。『カブトムシは、体の大きさで大中小とあり。中の数は少ない。大は体が大きいのでえさと雌は獲得しやすい。では、なぜ、小さいカブトムシは生き残れたのか。それは、早起きすることにより、えさを確保できると勉強?した。』と生徒一人一人が自己を見つめる姿勢のヒントとして話され、『一年をしめくくり、自分を自己分析し、なにができて、何ができなかったかを分析し、弱みを克服できるようにしてほしい。』と励まされました。

表彰伝達では、男子バドミントン部、女子バドミントン部が第18回阪神オープン高校バドミントン大会での成績で、また本校生徒5名と学校(学校賞)が兵庫県美方郡新温泉町・神戸新聞社主催の第24回前田純孝賞学生短歌コンクールで表彰されました。

 

 

生徒会代表挨拶では、1年間をしめくくる話がされました。

広報・図書部

平成30年度インターピープル・世代間交流行事(3月8日:金曜日)

毎年恒例の『インターピープル』が行われました。この行事は、世代を超えた地域の人々とのふれあいを通して、普段交流の少ない世代から様々なことを学び、お互いに影響を与え合い、理解し合うことを目的としています。

第1部(午前)では、近隣の慈愛幼稚園、西長洲保育所の3~5歳児の皆さんをお招きし、教育と絆コース1,2年生と交流しました。

 

・柔道場では、教育と絆コース2年生が西長洲保育園の皆さんと「USA!」を一緒に踊ったり、人形劇「オオカミと七匹の羊」を楽しんでもらったりしました。

 

・体育館フロアでは、教育と絆コース1年生が慈愛幼稚園の皆さんに、生徒が考えた変身トンネルや紙芝居や手遊びなどを楽しんでもらいました。

 

第2部(午後)は、近隣の金楽寺老人会、喜楽苑の皆さんをお招きし、生徒会、文化部の生徒と交流を深めました。プロの紙芝居師による紙芝居を、シニアの皆さんは懐かしく、生徒は新鮮に鑑賞し、茶道部の呈茶を楽しんでいただきました。県尼を訪問していただいたお土産に生徒会が折り紙で作った花をプレゼントしました。

 

 

広報・図書部

平成30年度学習成果発表会(3月7日:木曜日)

授業1年間の成果の発表の場を設けるという本校では初めての試みです。生徒が自分の学習成果を人前で発表する機会を設け、コミュニケーション能力の向上を図ることを目的としています。今年度は、2年生の選択科目「尼崎学(学校設定科目)」(文部科学省事業の「地域との連携による課題解決プログラム」の指定を受けている)、1年「インターンシップ(職場体験)」報告、2年生「スピーチ大会(セルフ=ナビ)」、2年生「教育と絆コース」の取り組みの紹介の発表・報告がありました。

 

 

尼崎学、インターンシップでお世話になっている企業の方を講師にお迎えし、講評をいただきました。

 

広報・図書部