【JRC部/尼崎学/有志】みんなのサマーセミナー2018のボランティア

8月4日(土)、5日(日)に尼崎市立尼崎双星高校で行われた「みんなのサマーセミナー2018」で生徒9名がボランティアに参加しました。

みんなのサマーセミナーは、尼崎市の事業で、様々な人がセンセイとなって授業を行い、好きな授業を受ける2日間限定の学校ごっこです。
今年は300以上の講座があり、のべ5000人以上の参加がありました。

生徒たちは、8:30に集合し、市役所職員、園田学園女子大学の学生、市内の他校の中高生などとグループになり、ボランティアを行いました。

駐輪場の案内、受付業務、道案内、授業の聴講と様々な形で事業のお手伝いをしました。

参加した生徒からは、「色々な人と話す機会になってよかった」「受けた授業が面白いものばかりだった」と感想がありました。

  

 

文責:JRC部顧問

 

【尼崎学】あまがさき産業フェア2018の見学

8月2日(木)に、尼崎学受講生徒がベイコム総合体育館で行われた「あまがさき産業フェア2018」の見学を行いました。

あまがさき産業フェアは、 企業の活発な商取引や技術交流を促進し、尼崎の産業振興を図ることを目的に行われているものです。

今回生徒が見学した目的は、中小企業と若者をつなぐプロジェクトを推進するために、尼崎市にどのような中小企業があるかを知り、直接企業の方とお話する機会を持つことです。

本校のOGの方に、20社を超える様々な企業をご紹介いただきました。
事業内容を理解するのは難しかったですが、どの企業の方も誇りを持って自社の紹介をされていたことが印象的でした。

 

 

文責:授業担当者

【JRC部/有志】小学生向け雨傘アートイベントのボランティア

8月1日(水)に、NPO法人スマイルひろば主催の小学生向けアートベントが地域総合センター神崎で行われ、JRC部と有志9名がボランティアとして参加しました。

9時に集合して、アイスブレイクをした後、イベントの流れの説明、役割分担の確認、会場設営を行いました。

10時になると小学生約20名が来て、受付や作業の補助(絵具の受け渡しや筆洗いなど)を生徒たちが行いました。

交代で生徒たちもビニール傘に思い思いの絵を描き、小学生たちとの交流も進みました。

 

  

 

 

文責:JRC部顧問

【JRC部】岡山県倉敷市災害ボランティア

7月31日(火)に、JRC部2名が県立明石高校野球部と一緒に岡山県倉敷市の災害ボランティアに行きました。

7時に明石高校を出発し、9時過ぎに倉敷市ボランティアセンターに到着して活動を開始しました。

ある工場の駐車場の整備と社内の片付けをお手伝いしました。

生徒たちは、災害現場の凄まじさに圧倒されながら、炎天下の中で黙々と作業を行いました。休憩を取りながらでなかなかはかどらず、復興作業がいかに大変かを痛感しました。

  

文責:JRC部顧問