第70回卒業証書授与式(3月1日:木曜日)

第70回卒業証書授与式が挙行されました。厳粛な空気の中、70回生、男子134名、女子170名が堂々とクラス担任に引率されて入場しました。

 

 

担任の先生の呼名に、大きな声で返事し起立していきました。学年の代表者が登壇し、校長先生より卒業証書が授与されました。

 

 

学校長式辞、同窓会長祝辞では、県尼を巣立っていく70回生にはなむけの言葉が贈られました。

 

在校生のことばでは、先輩への想いが、卒業生のことばでは、3年間の県尼高校生活の思い出を気持ちが込めて話されました。

 

卒業生の歌では、70回生304人が一つになって『時を越えて』を熱唱しました。

 

高校生として最後の校歌斉唱を、卒業生、在校生、職員、ご臨席いただいた方々と体育館に響き渡る声で斉唱しました。そして、保護者の皆さん、先生方の拍手の中、学び舎を巣立って行きました。

 

式後、学年主任の挨拶、PTAより学年団へ花束の贈呈がありました。

 

広報・図書部

70回生予餞会:最後の学年集会(2月28日:水曜日)

午後から70回生予餞会が行われました。最後の学年集会です。教頭先生のご自身の体験談をもとに、県尼から羽ばたく70回生に向けて、高校生時代の仲間の素晴らしさやつながりの大切さ、尼崎への愛着をお話しされました。

放送部3年生と有志で作成した3年間の思い出をまとめたDVDを鑑賞しました。他校へ転勤された先生方のメッセージもありました。

 

卒業式予行で表彰された、『県尼スポーツ賞』、『皆勤賞』の表彰状が学年主任より手渡されました。また、1月以降の表彰の伝達がありました。

 

70回生学年団の先生方が生徒全員に向けてメッセージを送りました。

 

 

最後に、70回生より学年主任の先生に花束が贈られました。

広報・図書部