美術部が兵庫県立美術館で作品鑑賞会を実施しました。(6月18日)

兵庫県立美術館で開催されている「ベルギー奇想の系譜展」を鑑賞してきました。この展覧会はベルギーに生まれた奇想の表現を15、16世紀のフランドル絵画から現代のコンテンポラリー・アートまで国内外のコレクションが展示されています。

       

県立美術館前           新宮晋さんの作品前

ボスやブリューゲルの作品の緻密さに感心したり、印刷で見たことのあるマグリットの本物の作品を鑑賞することができて刺激になりました。また、現代のヤン・ファーブルの作品を鑑賞し表現の多様性を感じることができました。

     

ヤノベ・ケンジさんの作品   常設展の作品を鑑賞

企画展鑑賞後、常設展示の作品も鑑賞しました。展示作品の中には、県立尼崎中学(現高校)卒業の白髪一雄さんの作品が展示されており、作品の持つ迫力に圧倒されました。生徒たちは時間をかけて鑑賞し、充実した一日を送ることができました。

  

抽象作品を鑑賞          白髪一雄さんの作品を鑑賞

美術部顧問

県尼祭・オープニング、合唱編(6月15・16日)

平成29年度県尼祭が開催されました。今年度のタイトルは “Shining Youth One Page !” です。生徒一人一人が、101%の力を出し、輝く青春の1ページとなった2日間でした。

・オープニング

生徒会、実行委員会のメンバーの寸劇です。

 

・合唱コンクール決勝

各学年予選を通過してきたクラスによる決勝です。

 

 

 

広報・図書部

県尼祭・文化部、有志、模擬店編(6月15・16日)

・文化部、ステージ

 

 

 

 

 

 

 

・文化部、展示

 

・ダンス有志(ダンス・ダンス・ダンス・だんすぅ~)

 

 

・職員有志( surprise mini concert )

  

・模擬店

 

 

・PTA:わくわくお弁当コンテスト

・成績

ステージ部門

1位:3年8組、2位:2年2組、3位:1年6組

展示部門

1位:3年1組、2位1年3組、3位:1年5組

合唱コンクール

1位:3年8組、2位:3年4組、3位:2年8組、指揮者賞:3年8組Yさん、伴奏者賞:3年8組Hさん

広報・図書部

高大連携授業 大手前大学 和田敦先生の授業を3年生美術選択者が受講しました。(6月6日)

 大手前大学の和田敦先生のアニメーションに授業を3年生美術Ⅲ選択者が受講しました。和田先生は2012年にベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞するなど数々のコンクールで受賞されています。最近では横浜美術館で個展(映像の展示)をされており4つの壁を大画面に見立てて、4つの映像がシンクロして進んでいくアニメーションを発表されていました。

        

今回の授業のはじめは、公共広告機構のCM「やさしさは想像力でひろがる。」というテレビでオンエアされた映像を見ました。生徒たちはその映像をテレビで見ていて、その作者が目の前におられることで、凄い講師の方がこられているのだなと実感したと感想でありました。

        

和田先生の話で、高校時代は一般の大学で何を勉強したらいいのかわからず、デザインの勉強をしたいと思い大学に入学したことを聞き、「これだけのアニメーションを作られる先生もはじめからアニメーション作家を志してなったのではないことに驚いた」と生徒の感想にありました。大学では自由に表現させてもらったのがよくて、2002年からアニメーションをはじめられたそうです。実写にしなかったのは1人でなんでもしたい思いがあったからだそうです。大学卒業後は、アルバイトをしてお金を貯めて東京の専門学校に通った後、2008年に東京藝術大学の大学院(映像学科)に進学し、2010年に卒業されたそうです。卒業後は商業ベースのアニメーターの仕事をするのではなく、表現としてのアニメーションを作っていきたかったそうです。

アニメーションはすべて一人で制作しており、原画をすぐに消せるという理由からシャープペンシルで原画を描かれているそうです。

                   

和田先生のアニメーションはストーリーが最初にあるのではなく、描きたい原画があり、シチュエーションを考えていく段階でストーリーが生まれていくそうです。

作品では、描きたい間であったり、描きたい落としであったりと気持ちのいい空間をつくることを心がけておられるそうです。

授業担当者

1年生:合唱コンクール予選

6月8日、1.2時間目に、1年生の合唱コンクールを開きました。

5月の終わり頃から、どのクラスも放課後に残り、練習を繰り返して来ました。

始めは、息がそろわなかったり、音が合わなかったりと、苦戦をしました。

しかし、2・3年生の練習をしている姿を見て、1年生も日々努力を積み重ねました。

発表曲

1組 心の瞳

2組 大切なもの

3組 COSMOS

4組 変わらないもの

5組 3月9日

6組 道

7組 YELL

8組 あなたへ

予選を勝ち抜き、本選へ出場するのは2・4・8組です。県尼祭の本番も頑張ってください。

第1学年

合唱コンクール(6月8日:木曜日)

合唱コンクールが、学年ごとに行われました。優劣がつかないほどの熱唱でした。

・1年生

 

 

・2年生

 

 

・3年生

 

 

各学年予選を通過して、県尼祭の決勝に進むのは、

1年生:2,4,8組  2年生:2,7,8組  3年生:1,4,8組

です。

広報・図書部

放送部が個人部門で県大会に進出(6月4日)

6月4日(日)に大阪芸術大学短期大学部伊丹学舎で行われた、「第64回NHK杯全国高校放送コンテスト兵庫県大会」の地区予選で、本校放送部の3年生が、朗読部門で入賞し、県大会に出場することになりました。朗読部門は、この地区は参加生徒数が多く2会場で行われ、この生徒が参加した会場では、71名中9名が県大会に出場できる、その中に選ばれました。

県大会は、神戸市の甲南大学を会場に17日(土)に準決勝、18日(日)に決勝が行われます。

応援いただきました保護者の皆様に御礼申し上げます。

担当:放送部顧問

 

県尼祭準備

6月15、16日に開催される県尼祭の準備が本格的になってきました。合唱コンクールは、8日に予選が行われ、各学年3クラスが県尼祭の決勝に進みます。各クラスの曲目は、『3年1組:story、2組:旅立ちの時、3組:あなたへ、4組:遥か、5組:YELL、6組:奏、7組:証、8組:落葉松、2年1組:この星に生まれて、2組:あなたへ、3組:旅立ちの時、4組:COSMOS、5組:HEIWAの鐘、6組:奏、7組:YELL、8組:心の瞳、1年1組:心の瞳、2組:大切なもの、3組:COSMOS、4組:変わらないもの、5組:3月9日、6組:道、7組:YELL、8組:あなたへ』です。

 

 

展示・ステージ発表の準備も進んでいます。

 

 

広報・図書部

6月全校朝礼(6月2日:金曜日)

本日全校朝礼が行われました。

校長先生のお話の中では、『時は今 雨が下しる 五月かな』という句を取り上げられました。この句は今の季節が詠まれたものなのですが、明智光秀が本能寺の変の2、3日前に読んだもので「土岐氏の末裔である明智が五月に天下を取る」という意志が込められているとも言われています。本能寺の変が起きなければ、日本の歴史は変わっていたでしょう、興味のある人は日本史の先生に尋ねてみましょうと、生徒の興味・関心を引き出すお話をされました。また、今、卒業生が教育実習で奮闘していることに触れられ、教育実習生となって県尼に戻ってくるなら大歓迎しますと、激励されました。

 

表彰伝達では、陸上部の生徒が『第67回尼崎市民スポーツ祭大会、一般高校男子200Mの部で第3位』、水泳部が『尼崎市民スポーツ祭水泳競技大会、男子4×50Mメドレーリレー(高校の部)で第3位』で表彰されました。

 

先日、生徒会役員選挙で信任された新生徒会メンバーの認証式が行われました。

 

生徒指導部長のお話では、「最近、規律面が弛んできていることが残念です、きちんとすることを心がけてほしい。」また、いじめに関して「SNS等で他人の悪口を言ったり無視をする、といったことが増えてきている。どういった行為であっても、本人が嫌だと思ったら、それはいじめ。第三者から見て、それがいじめだと思ったらそれはいじめ。相手を尊重して正しい付き合い方を大切にしましょう。」と注意喚起されました。

生徒会役員からは、「もうすぐ県尼祭です。生徒みんなで力を合わせて頑張っていきましょう。新生徒会も本日より頑張っていきます。」と、県尼祭を生徒が一丸となって盛り上げるよう呼びかけました。

広報・図書部