合格者説明会(3月23日:木曜日)

午後から、合格者への入学前説明会がおこなわれました。この日初めて4月から72回生となる生徒さんが全員集まりました。入学式までの手続きや物品購入の予定や、入学後の学校生活などの説明があり、その後提出書類の回収がありました。新入生の皆さん、入学に向けて準備を進めてください。

 

 

広報・図書部

 

3学期終業式(3月23日:木曜日)

3学期終業式がおこなわれました。校長先生の講話では、与謝蕪村の『春の海 ひねもすのたり のたりかな』の句をあげられ、いつものように生徒にクイズ形式で話しかけられながら『春休み、海を見に行くのも一興ですね。たまにはゆったりとした時間を過ごすのもいいものです』とお話しされました。

 

生徒会代表の挨拶では、「春休みは有意義に過ごしましょう」と声掛けがありました。指導部長のお話では1年間の総括があり「この1年間ずいぶんと良くなってきました。近隣の方々からも褒めていただいています。一方でまだ苦言を頂くこともあり、これからの課題です。高校生活が不完全燃焼だと感じている生徒は、新年度は学校行事に積極的に取り組んでみましょう。」とお話がありました。

 

広報・図書部

避難訓練と防災講演会(3月21日:火曜日)

地震と津波を想定した避難訓練を行いました。予定では、グランドに避難する予定でしたが、雨天のため避難場所が体育館に変更となりましたが、混乱もなく避難、集合、点呼が完了しました。

 

体育館集合後、津波警報が発令されたと想定し、校舎の3、4階の避難教室へ避難を行いました。その後『尼崎市役所出前講座』を利用した防災講演会をおこないました。南海トラフ地震を想定した津波発生時の想定される状況や尼崎市のハザードマップ等の説明や、東北の津波の状況をもとに避難のポイント等のお話がありました。

 

 

最後に教頭先生から「生徒全員が真剣に取り組んで、概ね良好でしたが、改善を必要とする事もありました。日頃できていないことは緊急時にはできないので、日ごろから防災意識を高めましょう。』と締めくくられました。

広報・図書部

合格者発表(3月19日:日曜日)

複数志願選抜の合格者の発表がありました。

本校に入学が決まった、生徒さん、保護者の皆様、おめでとうございます。

4月の入学式まで、書類の準備、教科書等購入や説明会の登校日など慌ただしい日々となると思いますが、配布いたします書類等を熟読のうえ、間違いのないようお願いいたします。

広報・図書部

2年生「スピーチ大会」を開催しました(3月8日)

1月末から2月にかけて、各クラスのセルフナビ(総合的な学習の時間)で開催した、「スピーチ大会」で選ばれた各クラスの代表者がスピーチをしました。

1時間目、全員が体育館に集合し、各クラスの代表、計8名がスピーチを披露しました。

各クラス代表生徒の発表タイトルを紹介します。(発表順)

6組 K 「スマホについて」

8組 N 「テロの恐ろしさ」

5組 F 「あたりまえの大切さ」

1組 S 「言葉の力」

2組 F 「地球温暖化のメリット・デメリット」

3組 U 「無くさなければならない」

4組 M 「オタクについて」

7組 K 「クローンビジネス」

この取り組みは、生徒たちが社会でおこっている出来事に関心を持ち、自分の考えを発表する力をつけることを目的に行われました。

選ばれた8人は、堂々とスピーチを行っていました。

 

 

発表者の皆さん、お疲れ様でした。

2年生担当者

 

 

1年生教育と絆コースの生徒がアマフォレストの会の高木一宇会長から講義を聞きました。(3月8日)

1年生教育と絆コースの生徒がアマフォレストの会の高木一宇会長から講義を聞きました。2年生になると7月と3月に尼崎スポーツの森で植樹体験を実施するので活動の事前学習を兼ねて、尼崎の森の状況、森の大切さから、植林する木の種類や方法、現在の尼崎スポーツの森での活動などを聞きました。今回の講演を生かして実際に尼崎スポーツの森での植林作業等に取り組んでいきたいと思います。

     

 

2年生「進路説明会」を開催しました(3月7日)

いよいよ3年生を目前に控えた3月7日、進路説明会を行いました。

1限目は、進学を考えている生徒には、「進学費用について」と題して、神戸インターナショナル予備校の小松新先生に講演をしていただきました。また、就職・公務員希望生徒には本校の教員の講座を設定しました。

2限・3限は各講座に分かれて、生徒たちの進路希望に合わせて、大学・専門学校の先生方から説明を受けました。

本校生のために多数の先生方にお越しいただき、御礼申し上げます。

生徒たちは、自分の進路に向けて歩み出しています。

 

 

 

第2学年担当者

2年生教育と絆コースの生徒が第2回植樹体験を尼崎スポーツの森でしてきました。(3月6日)

2年生教育と絆コースの生徒が昨年の7月に続いて第2回社会基盤学習(植樹体験)を尼崎スポーツの森で実施してきました。まずはアマフォレストの会の高木一宇会長から六甲山の森も植樹によって100年かけて現在の森になるまでに育てたことや尼崎に森がないのでこの場所に尼崎の種や苗を使用して尼崎の理想の森を作る話を聞きました。実際に森を作るには除草など大変な作業を地道に行わないといけないことなどを聞いた後、本日の作業についての説明を受けました。

   

A班、B班の2グループに分かれて作業を実施しました。今回は苗木のガマズミ、マルバアオダモ、クサギ、アカメガシワを各12本植樹しました。まずは苗木を植える穴を掘り、ポットから出した苗木の根を土に這わせることができるようにほぐし、穴に植えました。植えた苗木を引っ張ってすぐに抜けないようにしっかりと植えました。

   

          

植えた後は、しっかりと水をまきました。水まきをした後、雑草が出ないように、間伐材をくだいた木のチップをバケツでまきました。苗木のまわりに山になるぐらいまくことで雑草がつかないことを聞きました。

  

次は「県尼活動の森」の除草作業と間伐作業を行いました。また、1m以上に成長した苗木の枝分かれしている部分をのこぎりで切ったり、細い枝を落とすなどの下枝払いも行い、木をすっきりさせました。

   

作業前は雑草が生い茂り、枝分かれの多い木も、雑草もなくなり、木もすっきりと地面に立ちました。天気は曇っていましたが、風もなく寒さも緩んだ日で,午前中しっかりと作業に取り組めました。

ファミリーコンサート(3月4日:土曜日)

吹奏楽部が中心となって、地域の親子を招待して音楽を楽しんでいただく、県尼恒例の『親子で楽しむファミリーコンサート』が本校体育館で行われました。今年で第7回目を迎ました。

第1部 音楽劇 『キキの宅急便で大騒ぎ ~プレゼントが入れかわっちゃった!?』

 

 

第2部 ファミリーコンサート

観ているだけでなく、一緒に踊ったり、部員が手作りで使ったマラカスで一緒に演奏に加わったりと会場は盛り上がりました。曲目は、ディズニーメドレー、童謡メドレー、エビカニクス、恋、ドラえもんメドレー、みんなで演奏しまSHOW!!、アンパンマンメドレー、ようかいメドレー、おどるポンポコリン、でした。

 

 

 

 

コンサートには、吹奏楽部以外に、司会・音響を放送部、場内案内・照明を生徒会、会場設営・場内案内を野球部、照明機材設営を演劇部が担当しました。

ご来場いただきました皆様、お楽しみいただけましたでしょうか?来年も開催予定です。ご期待ください。

広報・図書部

 

 

インター・ピープル:地域文化交流行事(3月3日:金曜日)

インター・ピープルが行われました。この行事は、地域の異なった世代の皆さんを本校に招待し交流を通じて世代間への理解を深め、思い遣る気持ちを育てることを目的にしています。

午前の部

『教育と絆コース』の生徒が保育園、幼稚園のこどもたちと交流しました。

・2年生と西長洲保育所のみなさんが、「尼レンジャーと遊ぼう」、「ドラえもん体操」、「ひまわりの約束」の歌、を一緒に楽しみました。そのあとプロの紙芝居師さんによる紙芝居を一緒に鑑賞しました。

 

 

 

・1年生と慈愛幼稚園のみなさんが、生徒作成の巨大紙芝居を楽しんだり、生徒と一緒にダンスを楽しんだりしました。

 

 

 

 

午後の部

生徒会、茶道部、美術部、書道部が中心になって、金楽寺老人会、喜楽苑の皆様をお迎えし、生徒との茶話会楽しんでいただき、美術部、書道部の作品を鑑賞していただきました。美術部からは、部員手作りの栞をプレゼントいたしました。

 

 

 

 

広報・図書部

第3回教育と絆コース集会を開催しました。(3月2日)

第3回教育と絆コース集会(1年生、2年生)を開催しました。今回はレクリエーション実習として「キンボール」をしました。「キンボール」のルールや競技の内容については前回の授業で2年生が1年生に指導しました。毎年、2年生が1年生にルール等を教えるのですが、この指導の方法についても2年生が事前に準備して1年生が理解しやすいよう工夫して教えることで、2年生が指導の方法を学ぶ目的もあります。

    

    

    

本日は1年生対2年生の試合を3試合実施しました。結果は2年生が勝ちました。やはり競技に慣れている2年生の方が作戦の立て方や生徒同士の連携プレーがうまくいっていたようです。

    

卒業式(3月1日:水曜日)

第69回卒業証書授与式が挙行されました。

・吹奏楽部の演奏の中、69回生300名が胸を張って入場しました。

 

・卒業証書授与、ピアの伴奏の中、担任の先生の呼名に体育館に響き渡る声で返事をしました。

 

代表生徒が登壇し、卒業証書を学校長より受け取りました。

・学校長式辞、同窓会長祝辞

 

・在校生のことば、卒業生のことば

 

・卒業生の歌:かなで(奏)、卒業生が想いをこめて歌いました。

 

・校歌斉唱、卒業生、在校生、職員が熱唱しました。卒業生にとっては生徒として最後の斉唱です。

・卒業生退場、次のステップへ3年間学んだ学び舎から飛び立っていきました。

 

・式後、学年主任挨拶、保護者代表謝辞と花束贈呈がありました。

 

・PTA役員さんが企画されたメッセージ・ツリー、3年生の生徒昇降口におかれています。

69回生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。

広報・図書部

卒業式予行(2月28日:火曜日)

卒業式予行が行われました。式の流れを確認しました。

・同窓会入会式

同窓会副会長(初代生徒会長)さんのご挨拶がありました。お話の中で『・・・文武共に優れた先輩の努力によって名門校の名をほしいままにし、県尼卒業生というだけでプライドを持つことができました・・・・・これからは県立尼崎高等学校同窓会員となっていただくのですから、同窓生一同が一丸となって県尼の名をあげていこうではありませんか・・・』と新しい同窓会メンバーを歓迎されました。県尼では在学中は、新制高等学校に学制改編から回生を数えていますが、同窓会では創立(旧制尼崎中学)から通算して数えることもあります。卒業生69回生は、91回生となります。その後、同窓会の校内理事より卒業生代表に記念品の贈呈がありました。

 

・記念品贈呈式

卒業生代表から学校長に卒業記念品が贈呈されました。旧正門の正面の校舎の壁に大きな時計が贈られました。

 

・表彰式

県尼賞(全国大会レベル)、県尼スポーツ賞・県尼文化賞(近畿大会レベル)、皆勤賞の表彰が行われました。

 

・学年集会ファイナル(予餞会)

午後から学年行事が行われました。その様子です。詳しくは “学年集会ファイナル”の記事をご覧ください。

 

 

 

広報・図書部

学年集会ファイナルが行われました。

同窓会入会式と卒業式予行後、午後からは「学年集会ファイナル」として、生徒たち自身で運営しました。

集合・整列から司会進行まで、生徒たちが行いました。

    

有志の生徒によるスピーチがあり、聴いている人の心に響く内容を堂々と話しました。学年団から69回生に向けた言葉があり、その後にお世話になった先生のメッセージや3年間の活動をまとめた映像がスクリーンに流れると、生徒たちからも歓声が上がりました。

卒業式を前にふさわしい学年集会を生徒たちは開催できたと思います。

第3学年