子ども 夢・アート・アカデミーを開催し、日本芸術院会員の大津英敏先生の授業を3年生美術選択者が受講しました。(11月22日)

文化芸術による子供の育成事業「子供 夢・アートアカデミー」を11月22日に実施し、日本芸術院会員、多摩美術大学名誉教授、独立美術協会会員の大津英敏先生に授業をしていただきました。対象者は3年生芸術(美術)選択者で、まずは大津先生の自己紹介からはじまり、本日の課題である「クロッキー」{クロッキー(仏: croquis)とは速写(速写画)と言い、対象を素早く描画すること、またはそうして描かれた絵そのものを指す。}についてのレクチャーを受けました。

at1    at2

モデルを決めるとき、生徒各一人に大津先生が画集を一冊ずつプレゼントされたのですが、その中にサインが書かれているもがあり、その画集が当たった生徒がモデルとなりました。

   at3         at4

モデルは座りポーズ、立ちポーズと、男子が座り、女子が立つ二人一組の三ポーズを画用紙に鉛筆で描きました。時間は五分間でした。描いている時に、人物のバランスを考えて構図を決めたり、線を力強く描くために鉛筆の筆圧を上げるようにしたりと大津先生の指導がありました。

at5    at6

仕上がった作品は前に貼り、大津先生による合評がありました。クロッキーにおける線の美しさについてや絵画、日本画、デザインをする場合においてクロッキーを何枚も描き、自分の絵に自信をつけることが大切であるということを聞きました。合評後、大津先生の画集を見ながら、大津先生の画家人生についての話を聞きました。東京藝大時代に描いた静物の油絵の時は指導教官であった山口薫先生の影響があったことや、大学院の時は抽象画が全盛の時代で大津先生も抽象画を描き、コンクールに入賞したことを聞きました。その後、パリに渡って絵を描き、帰国した時に安井賞を受賞して画家の人生が始まったことなども聞きました。とても興味深い話が多く、生徒たちも熱心に聞いていました。

2年生総合学習(セルフ=ナビ)の時間に外部講師による講演会を実施しました。(11月14日~18日)

2年生総合学習(セルフ=ナビ)の時間に外部講師による講演会を実施しました。この授業は、各クラスの希望に基づき、系統・分野ごとの講座を開講したものです。大学からは模擬講義として教授・准教授・講師を、専門学校からは職業ガイダンスとして職業人を招聘し、生徒の教養や関心を高める講座を実施しました。

11月14日(月)2組調理・製菓系職業人講話神戸製菓専門学校 山﨑先生

ak2     ak1

3組 調理・製菓系職業人講話 大阪キャリナリー製菓調理専門学校 宮井雅乃先生

ak3    ak16

11月15日(火)8組育成調理師専門学校/神戸国際調理製菓専門学校 長谷川雄一先生

ak5    ak6

1組 教育学系模擬講義 テーマ「子どもの理解を深める方法」四天王寺大学教育学部教育学科 教授 八木成和先生

ak18            ak17

7組 文学・歴史学系(日本文学系) テーマ「世界の中の日本文学」(中学・高校で「国語」を勉強することと、大学で「日本文学」について研究することはどのように違うのでしょうか。今回の講義では、みなさんがこれまで教科書で出会った夏目漱石や森鴎外などの海外体験に学びながら、明治の文豪たちが「日本」とは何か、そして「文学」とは何かという問いにどのように答えようとしたのかを考えます。国語だけではなく、歴史や地理などみなさんがこれまでに学んできた様々な知識を総動員して、高校での教科ごとの学習をつなげ、広げていく大学での文学研究を体験してほしいと思います。)武庫川女子大学 文学部 日本語日本文学科 小泉京美 先生

ak8    ak9

11月17日(木)5組理工学系(情報工学系)テーマ「工学部での勉強と学生生活」 産業技術短期大学 情報処理工学科 教授 廣田正行 先生

ak11    ak10

11月18日(金)4組経済学・経営学系模擬講義追手門学院大学 経済学部 経済学科 教授 四塚朋子 先生

ak12    ak13

6組 経済学・経営学系テーマ「USJの成長はマーケティングにあり!?」流通科学大学 入試課 係長 平林達也先生

ak11    ak10

第36回近畿高等学校総合文化祭 美術・工芸部門に3年生喜夛望美が作品を出品しました。(11月11日)

第36回近畿高等学校総合文化祭 美術・工芸部門が11月11日(木)から11月13日(日)16時まで開催されています。本校美術部3年生喜夛望美が「鯨」F30号の作品を出品しています。

akkk1     akkk2

喜夛望美 作品

12日(土)には開会式が開催され本校美術部2年生6人も実行委員として活動します。講演会では永田宏和(株式会社iop都市文化創造研究所代表取締役)、槻橋 修(神戸大学大学院工学研究科建築学専攻准教授)、壷井 豪(「株式会社ケルン」オーナーシェフ)、西尾美也(美術家/博士(美術)の4名の先生方のパネルディスカッションがあります。交流会では、神戸芸術工科大学プロダクト・インテリアデザイン学科准教授の曽和具之先生によるペンライトを使った動画つくりの「ライティング・モーション・アート」のワークショップを実施します。

akkk3

 

第40回兵庫県総合文化祭 書道部門に作品を出品しました。(11月11日)

第40回兵庫県総合文化祭 書道部門に3年西村美寿々、西川日菜、金嶋侑加、2年藤井佑香、奥山愛音が作品を出品しました。会期は11月11日(木)から13日(日)までです。会場は姫路のイーグレ姫路です。ぜひご鑑賞ください。

asss2    asss3

asss1

 

 

2年生の修学旅行壁新聞を展示しています

9月に行った修学旅行でファームステイ先での活動報告を壁新聞の形にまとめました。各ファームステイ先でのインタビューや作業中の写真、収穫した作物などの写真などを載せ、それぞれ工夫を凝らしています。

クラス内で投票を行い、各クラスから選ばれた作品を、先日から廊下に展示しています。

11月12日(土)のオープンハイスクールの日まで展示しますので、中学生の皆さんも是非見て下さい。

dscf9100 dscf9102

dscf9103 dscf9104

dscf9105 dscf9106

2年生担当者

第40回兵庫県高等学校総合文化祭 美術・工芸部門に美術部の生徒5名が出品しています。(11月8日)

40回兵庫県高等学校総合文化祭美術・工芸部門展が、兵庫県立美術館ギャラリー棟3階で118日から10日まで開催されます。絵画、立体造形、デザイン、工芸、映像作品が82校304点展示されています。本校美術部門からも絵画で2年生迫田奈七、尾藤菜々花、デザインに2年井島千菜、工芸に2年冨田莉央、川嶋穂月が出品しています。

aaaa1  aaaa4-2-2

迫田奈七

aaaa2  aaaa5

尾藤菜々花            井島千菜          

aaaa4  aaaa8-2

冨田莉央、川嶋穂月(共同作品)

aaaa7  aaaa6

搬入の11月6日には成安造形大学の水谷米博氏(空間デザイン領域 教授)の「ドリームキャッチャー(インディアンのお守り)を作ろう」というワークショップ(ドリームキャッチャーとは、イーグルフェザー(鷲の羽)や皮素材、ビーなどのキットなどを使ったクラフトです。イヤリングやペンダント、家の壁飾りなどとして使われます。また、インディアンの中では、お守りとして、幸運を呼び、悪運を払い、夢を実現してくれると信じられています。)が開催され、熱心に取り組みました。出来上がった作品の一部は11月10日から開催される近畿総合文化祭に参加する各府県の生徒たちにお土産として渡す予定にしています。

ぜひご鑑賞ください。

 

 

 

 

 

【2年生:倫理】バケツ稲、尼いもの収穫を行いました。

11月1日(火)に2年生の選択授業「倫理」で、稲と尼いもの収穫を行いました。

「倫理」の授業は、環境倫理と生命倫理の諸課題を考える礎として、農業体験を取り入れています。

1学期にバケツによる稲の栽培と尼いもの栽培を始めました。

バケツ稲は、JAグループが行っている事業で、バケツで稲作を体験できる教材です。

尼いもは、昭和初期に絶滅してしまった尼崎の特産品であったサツマイモのことで、尼崎南部再生プランの一環として2000年から復活に向けて動きだし見事復活したものです。
授業では尼崎市教育委員会のご協力で、苗を分けていただきました。

今年度から始めたため、トラブルへの対処などにも問題があり、思うように収穫はできませんでしたが、収穫できたものを紹介させていただきます。

バケツ稲は、今夏の高温のため、ほとんどが枯れてしましました。
しかし一本だけお米が実りました。

尼いもは、学校内に畑を作ることができず、大きいエコバッグに土を入れて栽培をしました。
今夏の豪雨や水はけの問題で、割れがひどかったですが、一定量収穫をすることができました。

今年度は小規模でかつ収穫の喜びをあまり味わうことができませんでしたが、栽培の大変さについては学習することができました。

次年度も引き続き栽培を行い、環境倫理と生命倫理の諸課題を考える礎としていく予定です。

img_6852_r    img_6853-2_r

img_6857_r   img_6859_r

公民科教諭

【2・3年生:倫理】第3回赤ちゃん先生プロジェクト(10月25日)

10月25日(火)に2年生、3年生それぞれの選択授業「倫理」で、「第3回赤ちゃん先生」(全4回)を実施しました。

赤ちゃん先生は、NPO法人ママの働き方応援隊のプロジェクトの一環で、赤ちゃんが先生となり、命やキャリアについて考えるものです。

このプロジェクトを通して、生命や育児、キャリアについて体験的に学習し、生命倫理の諸課題を考える礎としていきます。

3年生の今回の授業では、
虐待によって乳児が命を落とした事例を基に、「育児中のお母さんの現実」についてディスカッションを行いました。

事件の概要を聞いた生徒たちはとてもショックだった様子で、
「赤ちゃんがかわいそう」「親として責任感がない」「ありえない」「信じられない」などの意見が出てきました。

そのあと、育児中のママ講師さんからは、「他人事ではない」「子どもにイライラすることもある」など、事件を起こした母親が追い詰められていくことへの共感の気持ちを話していただきました。
生徒たちにとって、ママ講師さんの共感の気持ちは驚きで、思っている以上に育児が大変であることや周りのサポートが大切であることを身に染みて感じたようでした。

最後に、妊娠・出産の頃にとてもつらい経験をされたママ講師さんから、「赤ちゃんが産まれてすぐに母親になれるわけではない」という話を伺い、命を授かることの難しさを感じるとともに、
「今はいろいろな人に支えられて子どもが可愛くて仕方がない」との話から、自分ができることはないかと生徒たちは真剣に考えていました。

2年生の今回の授業では、
エコー写真や産まれた時の写真を見ながら、「命の奇跡-妊娠・出産-」の話をママ講師さんから伺いました。

妊娠の大変さ、周りのサポートの大切さを感じ、妊娠・出産がいかに「命の奇跡」であるかを実感したようでした。

授業の後半のわずか5分ではありますが、ママ講師さんが退出され、生徒だけで赤ちゃんの育児体験を行いました。
ママがいなくなった途端、泣き出す赤ちゃんにオロオロしながらも一生懸命に赤ちゃんとコミュニケーションをとろうとする生徒たちの暖かい行動が印象的でした。

27日(木)の授業では、両学年ともに各班で発表を行い、全体で感じたことをシェアしました。

次回は11月29日(火)の実施を予定しています。

 

3年生の授業の様子

img_6737 img_6738

2年生の授業の様子

img_6760  img_6777

公民科教諭