カテゴリー別アーカイブ: 学校行事

合唱コンクール予選(6月6日:木曜日)

県尼祭2日目(6月14日)に行われる合唱コンクールの予選が学年ごとに行われました。

・1、2時間目:1年生

 

・3、4時間目:2年生

 

・6,7時間目:3年生

 

本選に出場するクラスと当日の発表のプログラム(予定)は

1.2年7組「証」、2.3年5組「時を越えて」、3.1年7組「COSMOS」、4.2年8組「群青」、5.「青いベンチ」、6.3年8組「群青」、7.2年1組「心の瞳」、8.3年3組「虹」、9.1年6組「3月9日」

です。

広報・図書部

生徒会行事(4月9日:火曜日)

生徒会の司会進行で対面式が行われました。吹奏楽部の演奏、2,3年生の歓迎の大きな拍手の中、入場してきました。生徒会代表の歓迎の言葉の後、新入生代表が挨拶をしました。

 

対面式後、生徒総会が開かれました。H30年度の会計報告とH31年度の予算案の審議とその承認が行われました。

 

午後からは、クラブアワー(部活動紹介)がありました。文化部、運動部とも、日頃の活動を披露したり、実演をしたり、新入部員の獲得に向けて持ち時間いっぱいアピールしました。また、生徒会の紹介もありました。

 

 

 

その後、関心のあるクラブの見学に行きました。

 

広報・図書部

 

離任式(4月9日:火曜日)

3月末で本校を離任された11名の先生方の離任式が行われました。勤務の都合で5名の先生方は欠席されました。

 

校長先生から、離任される先生方の紹介があり、その後、お一人お一人から離任の挨拶をいただきました。

 

生徒会から花束が贈られ、新2年、3年生の拍手の中、本校を去って行かれました。

 

広報・図書部

74回生入学式(4月8日:月曜日)

午後より74回生の入学式が行われました。学年カラーは青です。

生徒昇降口で、自分のクラスを確認して教室に向かいました。

 

真新しい県尼の制服に身を包み、希望を胸に吹奏楽部の演奏に合わせて入場しました。

 

学校長式辞、PTA会長祝辞では、これから高校生活をスタートさせる新入生に、激励の言葉が送られました。

 

新入生代表が宣誓を行い、吹奏楽部・生徒会と一緒に校歌を斉唱しました。

 

式終了後、学校長より、学年団の発表ががあり、学年主任の挨拶がありました。

 

広報・図書部

平成31年度着任式・1学期始業式(4月8日:月曜日)

平成31年度がスタートしました。

この4月に着任された先生方の着任式がありました。校長先生より10名の先生方の紹介があり、代表して新教頭先生よりご挨拶がありました。

 

続いて、1学期始業式が行われました。

校長先生の式辞では、政府が目指す未来社会・Society5.0にまつわるお話がありました。Society5.0に対して求められる力は、文章や情報を正確に時、対話する力や科学的思考(好奇心、探究力)であるが、日本人の3分の1は日本語を読めていない現状がある。それは読書で培うことができる。読解力や感性を身につけるために、人生を豊かにするために本を読んでもらいたいと締めくくられました。

表彰伝達では、美術部が尼崎築城400年尼崎城再建にあたり築地地車倉庫に尼崎城の絵画を描いたことに感謝状が贈られました。

生徒会代表、生徒指導部長の話では、新学期・新入生を迎える心構えが話されました。

 

広報・図書室

 

平成30年度3学期終業式(3月22日:金曜日)

3学期終業式が行われました。

校長先生の式辞では、「昆虫から学ぶ」というタイトルでお話しされました。『カブトムシは、体の大きさで大中小とあり。中の数は少ない。大は体が大きいのでえさと雌は獲得しやすい。では、なぜ、小さいカブトムシは生き残れたのか。それは、早起きすることにより、えさを確保できると勉強?した。』と生徒一人一人が自己を見つめる姿勢のヒントとして話され、『一年をしめくくり、自分を自己分析し、なにができて、何ができなかったかを分析し、弱みを克服できるようにしてほしい。』と励まされました。

表彰伝達では、男子バドミントン部、女子バドミントン部が第18回阪神オープン高校バドミントン大会での成績で、また本校生徒5名と学校(学校賞)が兵庫県美方郡新温泉町・神戸新聞社主催の第24回前田純孝賞学生短歌コンクールで表彰されました。

 

 

生徒会代表挨拶では、1年間をしめくくる話がされました。

広報・図書部

平成30年度学習成果発表会(3月7日:木曜日)

授業1年間の成果の発表の場を設けるという本校では初めての試みです。生徒が自分の学習成果を人前で発表する機会を設け、コミュニケーション能力の向上を図ることを目的としています。今年度は、2年生の選択科目「尼崎学(学校設定科目)」(文部科学省事業の「地域との連携による課題解決プログラム」の指定を受けている)、1年「インターンシップ(職場体験)」報告、2年生「スピーチ大会(セルフ=ナビ)」、2年生「教育と絆コース」の取り組みの紹介の発表・報告がありました。

 

 

尼崎学、インターンシップでお世話になっている企業の方を講師にお迎えし、講評をいただきました。

 

広報・図書部

第71回卒業証書授与式(3月1日:金曜日)

第71回卒業証書授与式が挙行されました。厳粛な空気の中、71回生(男子145名、女子160名)が吹奏楽部の演奏の中、堂々とクラス担任に引率されて入場しました。

 

担任の先生の呼名に、3年間の思いを込めて大きな声で返事し起立していきました。学年の代表者が登壇し、校長先生より卒業証書が授与されました。

 

学校長式辞、同窓会長祝辞では、県尼を巣立っていく71回生にはなむけの言葉が贈られました。

 

在校生のことばでは、先輩への想いが、卒業生のことばでは、3年間の県尼高校生活の思い出を気持ちが込めて話されました。

 

卒業生の歌では、71回生全員が一つになって『遥か』を熱唱しました。

 

校歌を、卒業生、在校生、職員、ご臨席いただいた方々と体育館に響き渡る声で斉唱しました。高校生として最後の校歌斉唱です。そして、保護者の皆さん、先生方の拍手の中、学び舎を巣立って行きました。

 

式後、71回生学年主任の挨拶、PTAより学年団へ花束の贈呈がありました。

 

広報・図書部

第71回卒業式予行(2月28日:木曜日)

第71回卒業証書授与式予行が行われました。予行に先立って同窓会の入会式が行われました。本校同窓会副会長さんが、新たに同窓会に入会する71回生を歓迎し、今年95周年を迎えた母校、県立尼崎高等学校を盛り上げていきましょうとお話しされました。本校同窓会では、旧制中学校から回を数える習わしがあり、「県尼71回卒業生」は「県尼同窓会93回生」とも呼ばれます。

71回生の同窓会理事の紹介があり、同窓会を代表し、同窓会副会長さんより卒業記念品が贈られました。また、新入会の71回生代表理事が挨拶をしました。

 

2年生も加わり、 卒業生から学校への卒業記念品贈呈式、表彰式(県尼賞:全国大会レベル、県尼スポーツ賞:近畿大会レベル、皆勤賞)が行われ、その後、式の流れを確認しました。

 

 

広報・図書部

全校人権講演会(2月13日:水曜日)

今年度は、『雇用・労働と基本的人権』をテーマに人権講演会を行いました。地元尼崎の(株)栄水化学、社長の松本氏を講師に招き、「尼崎市内小学校でのエコピカはかせのおそうじ塾」、「自社が取り組んでいる仕事と生活のバランスのとれた職場環境整備」、「学生、生徒へのインターンシップの場の提供」など、日々取り組まれている事例を通して、会社としての人権への取り組みを分かりやすく紹介していただきました。

広報。図書部