カテゴリー別アーカイブ: 地域の皆様へ

平成30年度総合文化祭美術・工芸部門展

11月8日(木)から11日(日)まで姫路にあるイーグレひめじ 姫路市民ギャラリーにて平成30年度総合文化祭美術・工芸部門展が行われました。

県立尼崎高校の美術部も絵画、立体作品、映像作品を出品いたしました。また、部員の生徒たちは、作品制作や展示だけではなく、搬入、受付、搬出、片付けと多くの仕事に前向きに取り組みました。おかげで、すばらしい展覧会になったことと思います。

この展覧会は、県内の美術部の高校生が一堂に集まり、絵画・デザインの平面作品、立体造形、工芸といった立体作品やアニメーションといった映像作品を展示しました。

会場の様子

 

特に絵画は、ねらいや完成度も高く素晴らしい作品が多くみられました。自分の日常を切り取ったものから、内面世界を掘り下げて描かれたもの、抽象表現を試みた作品など丁寧にじっくり向かい合って制作されたことが感じられる作品が多かったです。

立体作品も大きくて迫力のある作品やユーモアあふれる作品、小さな世界を丁寧に作りこんで掌の中に納まりそうな小さな宇宙に引き込まれそうな作品…。といった バリエーションに富んだ表現で見るものを楽しませてくれました。

11日には、特選に選ばれ全国大会、近畿大会に出品する生徒の表彰式が行われました。その後、生徒交流会、講評会が行われました。多くの生徒が、他校の生徒や教員に自分の作品を見て、意見をもらえるいい機会になったことと思います。

 

交流会の様子
 美術部顧問

【JRC部/尼崎学/有志】みんなのサマーセミナー2018のボランティア

8月4日(土)、5日(日)に尼崎市立尼崎双星高校で行われた「みんなのサマーセミナー2018」で生徒9名がボランティアに参加しました。

みんなのサマーセミナーは、尼崎市の事業で、様々な人がセンセイとなって授業を行い、好きな授業を受ける2日間限定の学校ごっこです。
今年は300以上の講座があり、のべ5000人以上の参加がありました。

生徒たちは、8:30に集合し、市役所職員、園田学園女子大学の学生、市内の他校の中高生などとグループになり、ボランティアを行いました。

駐輪場の案内、受付業務、道案内、授業の聴講と様々な形で事業のお手伝いをしました。

参加した生徒からは、「色々な人と話す機会になってよかった」「受けた授業が面白いものばかりだった」と感想がありました。

  

 

文責:JRC部顧問

 

【尼崎学】あまがさき産業フェア2018の見学

8月2日(木)に、尼崎学受講生徒がベイコム総合体育館で行われた「あまがさき産業フェア2018」の見学を行いました。

あまがさき産業フェアは、 企業の活発な商取引や技術交流を促進し、尼崎の産業振興を図ることを目的に行われているものです。

今回生徒が見学した目的は、中小企業と若者をつなぐプロジェクトを推進するために、尼崎市にどのような中小企業があるかを知り、直接企業の方とお話する機会を持つことです。

本校のOGの方に、20社を超える様々な企業をご紹介いただきました。
事業内容を理解するのは難しかったですが、どの企業の方も誇りを持って自社の紹介をされていたことが印象的でした。

 

 

文責:授業担当者

【JRC部/有志】小学生向け雨傘アートイベントのボランティア

8月1日(水)に、NPO法人スマイルひろば主催の小学生向けアートベントが地域総合センター神崎で行われ、JRC部と有志9名がボランティアとして参加しました。

9時に集合して、アイスブレイクをした後、イベントの流れの説明、役割分担の確認、会場設営を行いました。

10時になると小学生約20名が来て、受付や作業の補助(絵具の受け渡しや筆洗いなど)を生徒たちが行いました。

交代で生徒たちもビニール傘に思い思いの絵を描き、小学生たちとの交流も進みました。

 

  

 

 

文責:JRC部顧問

【JRC部】岡山県倉敷市災害ボランティア

7月31日(火)に、JRC部2名が県立明石高校野球部と一緒に岡山県倉敷市の災害ボランティアに行きました。

7時に明石高校を出発し、9時過ぎに倉敷市ボランティアセンターに到着して活動を開始しました。

ある工場の駐車場の整備と社内の片付けをお手伝いしました。

生徒たちは、災害現場の凄まじさに圧倒されながら、炎天下の中で黙々と作業を行いました。休憩を取りながらでなかなかはかどらず、復興作業がいかに大変かを痛感しました。

  

文責:JRC部顧問

【尼崎学】みんなのサマーセミナー2018 ボランティア説明会・交流会

7月16日(月・祝)にあまがさき・ひと咲きプラザ ひと咲きタワーでみんなのサマーセミナー2018のボランティア説明会・交流会があり、尼崎学受講生1名が参加しました(当日は数名ボランティアに参加する予定です)。

当日ボランティアで参加する人たちが集まり、実行委員の方からどういったボランティアが必要かを話し合うところから始まりました。

その中で、ボランティア同士が仲良くなるにはどうすればいいか、SNSをどう活用するか、ノートテイク(聴覚障害の人への補助)、インターネットラジオ放送をどのように進めるかなどの課題が出てきて、それぞれの立場で意見交換が行われました。

文責:授業担当者

 

 

【JRC部、有志】金楽寺町の地域食堂[まあるい食卓]ボランティア/募金活動

7月15日(日)に、金楽寺町の地域食堂[まあるい食卓]にてボランティアを生徒5名で行いました。

11時のオープンに向けて、8時から準備をされていますが、生徒たちは9時からと10時からに分かれてお手伝いをしました。

調理補助や会場設営など、慣れない作業もありましたが、スタッフの方と相談しながら進めることができました。

オープン後は、ご家族で来られる方が多く、子どもの面倒を見たり、お母さん・お父さんと話をしたりしていました。
また、ハンドマッサージのボランティアの方にマッサージをしていただいたり、お話を伺ったりもしていました。

初めてボランティアに参加した生徒もいましたが、それぞれができることに一生懸命取り組むことが出来ました。

また、15時半から短時間ではありましたが、県立尼崎小田高校の方と、大阪北部地震・西日本豪雨被害への募金活動にも1名が参加しました。

  

  

  

文責:JRC部顧問

【日本の文化】和綴じミニ本づくり

5月22日(火)に、3年生選択授業「日本の文化」で、兵庫県立図書館(ふるさと・資料課)の方にお越しいただき、和綴じミニ本づくりを行いました。

通常の糊や中綴じの針ではなく、紐をつかった製本を体験しました。表紙を作るところからはじめ、穴をあけた後に針と糸を使って綴じていきました。

前回の授業から準備をしていたものの、慣れない作業で時間内には終わりませんでしたが、次の授業も使って全員が立派な和綴じミニ本を完成させました。

 

  

文責:授業担当者

【尼崎学】尼崎市役所福祉課職員による講義

2年生選択科目「尼崎学」は、尼崎にある地域課題を調査し、解決に向けて企画の立案と実行を行う授業です。
今年度は、「中小企業」と「福祉」を大きなテーマとして取り組んでいます。

5月24日(木)に尼崎市健康福祉局福祉部福祉課から職員の方にお越しいただき、尼崎市の福祉に関する現状・課題と地域福祉計画について講義していただきました。

福祉の対象となる人が他地域に比べて多いと聞き、一市民として高校生ができることはないのかを考える機会となりました。

文責:授業担当者

【尼崎学】株式会社エアグラウンド畠中様による講義

2年生選択科目「尼崎学」は、尼崎にある地域課題を調査し、解決に向けて企画の立案と実行を行う授業です。
今年度は、「中小企業」と「福祉」を大きなテーマとして取り組んでいます。

5月22日(火)に株式会社エアグラウンドから代表取締役の畠中様にお越しいただき、中小企業の課題についてお話いただきました。

株式会社エアグラウンドは、映像やホームページの制作、尼崎経済新聞というメディアの運営をされています。
それらの事業を通して、中小企業の経営者の悩みをお聞きすることが増えているそうです。
特に中小企業と若者とのつながりの不足に悩まれているということでした。

高校生として企業に求めるものは何か。
将来どういった場所でどういった働き方がしたいのか。
といった具体的な質問に答えながら、課題について考えていきました。

今後、このような課題に対して高校生ができることは何かを授業で取り上げていく予定です。

文責:授業担当者

【JRC部】尼崎市役所小田支所解体イベントボランティア

6月16日(土)に築50年を誇る尼崎市役所小田支所の建替え工事に伴う解体イベントに、JRC部がボランティアとして参加しました。

本校でもお世話になっている赤ちゃん先生プロジェクトのママ講師さんのイベントブースと、アートイベントの補助を行いました。

今回1年生は初めてのボランティアへの参加となり、最初は緊張していましたが、慣れてくると積極的にお手伝いをしていました。

今後も地域活動のボランティアを実施していく予定です。

 

 

文責:JRC部顧問

【倫理】第1回赤ちゃん先生プロジェクト

6月26日(火)に3年生選択授業「倫理」で、「第1回赤ちゃん先生」(全4回)を実施しました。

赤ちゃん先生は、NPO法人ママの働き方応援隊のプロジェクトの一環で、赤ちゃんが先生となり、命やキャリアについて考えるものです。

このプロジェクトを通して、生命や育児、キャリアについて体験的に学習し、生命倫理の諸課題を考える礎としていっています。

第1回は「赤ちゃんを知ろう!」がテーマです。

4グループに分かれて、ママ講師さんから赤ちゃん先生の紹介があり、触れ合いが始まりました。

今年度は全体に積極的な生徒が多く、一緒に遊んだり、あやしたり、服を着替えさせたりといった体験をしていました。

赤ちゃん先生に触れ、赤ちゃんの可愛さと育児の大変さを感じる1時間となりました。

 

 

 

文責:授業担当者

【尼崎学】ATTF2(アマガサキ・トゥ・ザ・フューチャー)

6月21日(木)、26日(火)に2年生選択授業「尼崎学」で、尼崎市が市民が作成したカードゲーム、ATTF2(アマガサキ・トゥ・ザ・フューチャー)を実施しました。

これは、みんなで尼崎市の課題を知り、解決策を考え、未来を創造するためのカードゲームです。
「尼崎で起きている問題や尼崎の課題」のカードを、「尼崎ゆかりの人物・モノ・文化」のカードの組み合わせで解決を目指します。

一昨年に作られたものが、今年に学校の授業で使いやすいように改良され、改良に携わった市民の方と尼崎市役所の方にお越しいただき、本校で実際に体験してみました。

尼崎にどのような課題があり、その解決のための人物・モノ・文化が多様にあることを学びました。

今後は尼崎市が市をあげて取り組んでいる課題解決にも積極的に関わっていく予定です。

 

文責:授業担当者

【尼崎学】みんなのサマーセミナー in amagasaki2018

6月19日(火)に2年生選択授業「尼崎学」で、みんなのサマーセミナー in amagasaki2018について、実行委員(尼崎市役所職員と地域福祉団体)の方にお越しいただき、講義をしていただきました。

「みんなのサマーセミナー」は、8月に2日間尼崎市内の学校を借りきって、まちの人がセンセイになり、生徒にもなる、学校ごっこを楽しむイベントで、「ひとりの学び」が「まちの学び」につながるきっかけになることを目指しています。

尼崎市がなぜこのようなイベントをしているのか、実際にどのようなイベントなのかというお話があり、尼崎市が「まちの学び」に力を入れていることを知ることができました。

またボランティアの依頼もあり、今後本校生徒も積極的に関わっていく予定です。

 

文責:授業担当者

【日本の文化】浴衣の着付け

6月26日(火)・27日(水)に3年生選択授業「日本の文化」で、東洋きもの専門学校の先生と学生さんにお越しいただき、浴衣の着付け体験を行いました。

浴衣の由来と浴衣の着付けの方法を講義していただき、男女に分かれて浴衣の着付けを行いました。

男子は2人1組となって、協力しながら何度も着たり脱いだりしながら着付けの方法を確かめていました。

女子は1人ずつ着付けを行い、全体のフォルムを整えることに苦労しながら、紐や帯を締めていきました。

綺麗な浴衣に身を包み、着付けを楽しんでいました。

  

  

 

文責:授業担当者

【日本の文化】ミニ畳づくり

6月19日(火)に3年生選択授業「日本の文化」で、株式会社前田畳製作所の方にお越しいただき、ミニ畳づくりを行いました。

畳のつくり・特徴や敷き方について説明をいただいた後、タッカーを使ってミニ畳を制作しました。

イ草の香りに包まれながら、丁寧に作業を行い、立派な畳が完成しました。

畳の文化を見直す良い機会となりました。

 

 

文責:授業担当者

【日本の文化】花火師による花火のお話

6月12日(火)に3年生選択授業「日本の文化」で、葛城煙火株式会社の方から、花火について講義をしていただきました。

花火の仕組み、打ち上げ方、日本と世界の花火の違い、花火の楽しみ方、日本各地の花火など多岐に渡るお話でした。

また、実際に使用する火薬にも触れさせていただきました。

普段何気なく見ていた綺麗な花火が、様々な苦労と工夫で打ちあがっていることを知る良い機会となりました。

  

 

文責:授業担当者

「県尼花いっぱい運動実行委員会」2018.05.11

本校正門付近に花を育てている学校緑化活動は地域のボランティアの方々が中心となって行われています。その活動成果がこのたび「2018あまがさきフラワーガーデニング コンテストで「デビュー賞」を受賞しました。その取り組みを紹介いたします。本校生たちも緑化委員のメンバーがプランターの花の植えかえや水やりを行い、「県尼花いっぱい運動」に取り組んでいます。本校を訪れる際には花壇の花にぜひ目を向けてください。

   

 

県尼花いっぱい運動実行委員会の「2018あまがさきフラワーガーデニングコンテスト受賞ご報告」は、こちらから、コンテスト受賞報告

総務部

【JRC部】世界こどもサミット2018サテライトin兵庫でのボランティア

JRCとはJunior Red Cross(青少年赤十字)の略で、「気づき・考え・実行する」に基づいてボランティア活動や社会貢献活動をしています。

5月5日(土)子どもの日に、尼崎市立立花西小学校で行われた「世界こどもサミット2018サテライトin兵庫」でボランティア活動を行いました。(JRC部2名、有志1名)

アートイベントの補助や受付など、子どもたちと1日関わり、子どもたちの可能性に大いに刺激を受けました。

     

     

イベントの詳細(尼崎経済新聞)
https://amagasaki.keizai.biz/headline/620/

JRC部顧問

第8回親子で楽しむファミリーコンサート(4月3日:火曜日)

毎年恒例の「親子で楽しむファミリーコンサート」を開催いたしました。回を重ねて今年で8回目です。このコンサートは吹奏楽部だけでなく、放送部(アナウンス、記録)、生徒会(会場案内、舞台転換補助)、野球部(会場撤収、機材運搬)も裏方として参加しコンサートを盛り上げました。吹奏楽部OB、OGも駆けつけてくれました。

第1部は音楽劇「白雪姫」でした。

 

 

 

第2部は、イントロドン!(テレビでおなじみの曲のイントロ当て)、手遊び(「幸せなら手をたたこ」をみんなでリズムよく手をたたきました)、アナと雪の女王メドレー、夢をかなえてドラえもん、アンパンマンメドレーとアンコール曲でした。

 

 

平日の夕方にも係わらず、多くのお子さんを連れたお母さん方、お孫さんを連れたおじいさんおばあさん方にご来場いただきました。ありがとうございました。来年度も開催予定です、ご期待ください!

広報・図書部