カテゴリー別アーカイブ: 71回生

美術部 尼崎城 壁画制作 2月13日

昨年から引き続き、築地だんじり倉庫の壁面の壁画制作を本校美術部の生徒たち頑張っています。

冬の風が吹きつける寒い中、休憩をはさみながらも着実に完成に向けて制作を頑張っています。3年生を中心に1~3年生の部員全員で取り組む大きなプロジェクトです。

  

いよいよ完成まであとわずかです。

お披露目の式典が楽しみです。

美術部顧問

3学期始業式(1月8日:火曜日)

3学期がスタートしました。平成31年と年が改まったこともあり、生徒たちは気持ちを新たにして始業式に臨みました。

校長先生の講話では、『仕事の未来:20年先までの予測』について、動画とパワーポイントを使った分かりやすい説明があり、これから数年後に仕事に就くことになる生徒たちに、今、高校で「学習の方法」、「考える力」、「コミュニケーション能力」、「主体性、根性、バイタリティー」を身に付ける大切さが話されました。

表彰伝達では、冬休み中の表彰の披露がありました。

生徒会代表の話では、『冬休みが終わり、日々の生活のリズムがくるわないように学校生活を送りましょう』との呼びかけがありました。

生徒指導部長の話では、『今年度の総括をする学期が始まりました。気を引き締めて、しかっりと学校生活を送りましょう』との呼びかけがありました。また、自転車通学への注意喚起もありれました。

広報・図書部

2学期終業式(12月21日:金曜日)

2学期終業式が行われました。

校長先生の講話では、4月に着任してから日頃思っていることについてのお話しがありました、『素直・誠実・挨拶がきっちりとできていること。挨拶はコミュニケーションの一歩、挨拶をして挨拶を返されるといやな気分になることはないので、まだできていない生徒は恥ずかしからずに挨拶してほしい。』

表彰の伝達では、2学期の部活動や授業での取り組みに対する成果が披露されました。

生徒会代表の話では、『平成最後の冬休みを羽目を外さず、有意義に過ごしましょう。また、今のクラスで過ごすのもあとわずか、3学期も頑張れるよう準備しましょう。』との呼びかけがありました。

生徒指導部長の話では、全国大会出場生徒の披露がありました。3年生今藤堅太君が、U18合同チーム東西対抗戦の西軍のメンバーとして出場するという紹介の後、今藤君から対抗戦への抱負が話されました。また、2学期を振り返って、SNSでのトラブルや自転車利用時のマナーや事故、いじめ行為について再度、注意喚起を行い、新年には、来年の干支のように自己の目標に向かって猪突猛進してほしいと呼びかけました。

  

広報・図書部

コミュニケーション:ケアハウス煤訪問

11月27日、学校設定科目「コミュニケーション」の授業で、老人ホームを訪問し、お年寄りからお話しを聞くなどの交流をしました。

この科目は、コミュニケーションに関心のある者や看護・介護関係を目指している生徒を対象とした授業です。

今回の目的は、自分とは異なる立場の人(高齢者)と関わり、人間関係づくりを学ぶことで、自ら考え、生きる力を身に付ける事です。

高校生たちは、学校とは違う環境に緊張しながらも、将来に向けて、また新しい視野を手に入れました。

授業担当者

 

 

続・美術部 尼崎城壁画制作 下描き完成(12月21日) 

美術部は、期末考査後から尼崎の築地地車保存会からの依頼で、築地地車倉庫の壁一面に尼崎城の絵を描いています。

下描きが完成し、いよいよ色を塗り始めます。

尼崎地車保存会の方が、作業をしている足場の覆いを開けて全体が見えるようにしてくださいました。

普段は絵を描いている手元しか見えず、全体が見えないこともあり、覆いが取れた瞬間その場にいた人みんなが「おーっつ!!」という歓声を上げました。

生徒たちも(この日は保護者の方もいらっしゃいました。)保存会の方々も…。

写真にはうまく写っていないようで、伝えきれませんが、迫力ある素晴らしい壁画になりそうです。完成が楽しみです。

寒い中、毎日頑張っている生徒たちのテンションも上がり、俄然やる気がでてきたようです。この調子で3月の期限までに力を合わせていい作品になるといいですね。

美術部顧問

避難訓練:12月20日:木曜日

第2回避難訓練を実施しました。今回は、2F調理室からの出火を想定し、防災マニュアルに沿って避難しました。今回は、降雨が予想されたため、避難場所をグランドから体育館に変更しましたが、混乱なく良好な結果で終わりました。

 

広報・図書部

SN、Sネットトラブル防止教室:12月14日:金曜日

生徒指導部主催で全校生対象にに「SNS、ネットトラブル防止教室」を開きました。尼崎南警察署より講師を派遣していただき、DVDの映像を見ながら、主に「トラブルの現状」「トラブルに巻き込まれないための注意点」を、具体的かつ丁寧にお話しいただきました。また、講演終了後、生徒指導部長より、本校でのSNSでのトラブルの事例をあげ、生徒に注意喚起を行いました。

 

広報・図書部

美術部「尼崎城 壁画制作」スタート  12月10日

期末考査も終わりました。尼崎の築地地車保存会からの依頼で12月10日から築地地車倉庫の壁一面に「尼崎城」の壁画制作が始まりました。3月をめどに完成させる予定です。

      

美術部の3年生が中心となって、部員全員で取り組んでいます。部員の生徒はみんな作業用ヘルメットを着用し、ヤッケを着てその上からベルトを着けて建築足場の上にのぼり、絵を描いています。

紙に描いた下書きをもとに壁一面に下絵を描いています。慣れない作業も多く、不安がいっぱいですが、築地地車保存会の方にもサポートしていただきながら、頑張って制作しています。

休憩をはさみながら少しずつ進めています。完成するのが楽しみです。

美術部顧問

【JRC部/尼崎学/有志】みんなのサマーセミナー2018のボランティア

8月4日(土)、5日(日)に尼崎市立尼崎双星高校で行われた「みんなのサマーセミナー2018」で生徒9名がボランティアに参加しました。

みんなのサマーセミナーは、尼崎市の事業で、様々な人がセンセイとなって授業を行い、好きな授業を受ける2日間限定の学校ごっこです。
今年は300以上の講座があり、のべ5000人以上の参加がありました。

生徒たちは、8:30に集合し、市役所職員、園田学園女子大学の学生、市内の他校の中高生などとグループになり、ボランティアを行いました。

駐輪場の案内、受付業務、道案内、授業の聴講と様々な形で事業のお手伝いをしました。

参加した生徒からは、「色々な人と話す機会になってよかった」「受けた授業が面白いものばかりだった」と感想がありました。

  

 

文責:JRC部顧問

 

【JRC部/有志】小学生向け雨傘アートイベントのボランティア

8月1日(水)に、NPO法人スマイルひろば主催の小学生向けアートベントが地域総合センター神崎で行われ、JRC部と有志9名がボランティアとして参加しました。

9時に集合して、アイスブレイクをした後、イベントの流れの説明、役割分担の確認、会場設営を行いました。

10時になると小学生約20名が来て、受付や作業の補助(絵具の受け渡しや筆洗いなど)を生徒たちが行いました。

交代で生徒たちもビニール傘に思い思いの絵を描き、小学生たちとの交流も進みました。

 

  

 

 

文責:JRC部顧問

平成30年度1学期終業式(7月20日:金曜日)

1学期終業式が行われました。

校長先生の講話では、前日実施された避難訓練を振り返り、パワーポイントを用いて、日頃からの防災意識の大切さを話しました。『昨日の防災訓練はあくまでも基本の基本です。・・・2011年 東日本大震災の「釜石の奇跡」と「大槌高校」の話を教訓としてお話します・・・。釜石の中学生は8年間しっかりと防災に対して学習していた。・・・・大槌高校では、高校へ避難してきた人にたいして、炊き出し、名簿作り、ローソク配りなど、生徒たちが自ら仕事を探して行動した。生徒が明るく行動する姿が、被災者を精神的に支えた。・・・・』

表彰伝達では、

  • 男子バドミントン部が、兵庫県高等学校体育連盟阪神地区バドミントン選手権大会で、男子シングルスで優勝、男子ダブルスで第3位
  • 男子バドミントン部が、68回尼崎市民スポーツ祭バドミントン大会で、男子三部複で優勝、男子二部単で優勝
  • 水泳部が、平成30年度尼崎市民スポーツ祭水泳競技大会(高校の部)で、男子100mバタフライで第3位

また、生徒指導部長より、ラグビー部今藤堅太君(3年生:合同チームラグビーフットボール大会の兵庫県代表選手)が近畿ブロックの代表選手に選ばれ、キャプテンに任命された快挙を披露されました。また、今藤君から長野県上田市菅平高原で行われる第14回全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会(7/30~8/2)への意気込みが話されました。

 

生徒会代表からは、夏休みの過ごし方、生徒指導部長からは夏休みの諸注意が話されました。

 

広報・図書部

避難訓練(7月19日:木曜日)

地震を想定した避難訓練を実施しました。今回は、M8クラス(震度6)の南海大地震(プレート型大地震)が発生、地震発生後、大津波警報が発令されたと想定した訓練です。

地震発生→校舎内外の安全確認→グランドへ避難→生徒の安否確認(集合点呼)→大津波警報発令で一時避難所(校舎3,4F)へ避難→生徒の安否確認、という防災マニュアルに沿った手順で行われました。迅速に行動でき概ね良好な結果でした。

 

 

広報・図書部

薬物乱用防止教室(6月27日:水曜日)

尼崎少年サポートセンター、尼崎南警察署より講師の先生方をお招きし『薬物乱用防止教室』を実施しました。薬物乱用の危害に対する正しい知識を身につけ、薬物乱用の現状や体や心への悪影響を身近な問題として捉えることができました。また、薬物の誘惑に対する対処法を指導していただきました。夏休みを控え、高校生がトラブルに巻き込まれやすい事件などの実例が話され、注意喚起をしていただきました。

 

生徒指導部・広報・図書部

【JRC部、有志】金楽寺町の地域食堂[まあるい食卓]ボランティア/募金活動

7月15日(日)に、金楽寺町の地域食堂[まあるい食卓]にてボランティアを生徒5名で行いました。

11時のオープンに向けて、8時から準備をされていますが、生徒たちは9時からと10時からに分かれてお手伝いをしました。

調理補助や会場設営など、慣れない作業もありましたが、スタッフの方と相談しながら進めることができました。

オープン後は、ご家族で来られる方が多く、子どもの面倒を見たり、お母さん・お父さんと話をしたりしていました。
また、ハンドマッサージのボランティアの方にマッサージをしていただいたり、お話を伺ったりもしていました。

初めてボランティアに参加した生徒もいましたが、それぞれができることに一生懸命取り組むことが出来ました。

また、15時半から短時間ではありましたが、県立尼崎小田高校の方と、大阪北部地震・西日本豪雨被害への募金活動にも1名が参加しました。

  

  

  

文責:JRC部顧問

【日本の文化】和綴じミニ本づくり

5月22日(火)に、3年生選択授業「日本の文化」で、兵庫県立図書館(ふるさと・資料課)の方にお越しいただき、和綴じミニ本づくりを行いました。

通常の糊や中綴じの針ではなく、紐をつかった製本を体験しました。表紙を作るところからはじめ、穴をあけた後に針と糸を使って綴じていきました。

前回の授業から準備をしていたものの、慣れない作業で時間内には終わりませんでしたが、次の授業も使って全員が立派な和綴じミニ本を完成させました。

 

  

文責:授業担当者

【JRC部】尼崎市役所小田支所解体イベントボランティア

6月16日(土)に築50年を誇る尼崎市役所小田支所の建替え工事に伴う解体イベントに、JRC部がボランティアとして参加しました。

本校でもお世話になっている赤ちゃん先生プロジェクトのママ講師さんのイベントブースと、アートイベントの補助を行いました。

今回1年生は初めてのボランティアへの参加となり、最初は緊張していましたが、慣れてくると積極的にお手伝いをしていました。

今後も地域活動のボランティアを実施していく予定です。

 

 

文責:JRC部顧問

【倫理】第1回赤ちゃん先生プロジェクト

6月26日(火)に3年生選択授業「倫理」で、「第1回赤ちゃん先生」(全4回)を実施しました。

赤ちゃん先生は、NPO法人ママの働き方応援隊のプロジェクトの一環で、赤ちゃんが先生となり、命やキャリアについて考えるものです。

このプロジェクトを通して、生命や育児、キャリアについて体験的に学習し、生命倫理の諸課題を考える礎としていっています。

第1回は「赤ちゃんを知ろう!」がテーマです。

4グループに分かれて、ママ講師さんから赤ちゃん先生の紹介があり、触れ合いが始まりました。

今年度は全体に積極的な生徒が多く、一緒に遊んだり、あやしたり、服を着替えさせたりといった体験をしていました。

赤ちゃん先生に触れ、赤ちゃんの可愛さと育児の大変さを感じる1時間となりました。

 

 

 

文責:授業担当者

【日本の文化】浴衣の着付け

6月26日(火)・27日(水)に3年生選択授業「日本の文化」で、東洋きもの専門学校の先生と学生さんにお越しいただき、浴衣の着付け体験を行いました。

浴衣の由来と浴衣の着付けの方法を講義していただき、男女に分かれて浴衣の着付けを行いました。

男子は2人1組となって、協力しながら何度も着たり脱いだりしながら着付けの方法を確かめていました。

女子は1人ずつ着付けを行い、全体のフォルムを整えることに苦労しながら、紐や帯を締めていきました。

綺麗な浴衣に身を包み、着付けを楽しんでいました。

  

  

 

文責:授業担当者

【日本の文化】ミニ畳づくり

6月19日(火)に3年生選択授業「日本の文化」で、株式会社前田畳製作所の方にお越しいただき、ミニ畳づくりを行いました。

畳のつくり・特徴や敷き方について説明をいただいた後、タッカーを使ってミニ畳を制作しました。

イ草の香りに包まれながら、丁寧に作業を行い、立派な畳が完成しました。

畳の文化を見直す良い機会となりました。

 

 

文責:授業担当者

【日本の文化】花火師による花火のお話

6月12日(火)に3年生選択授業「日本の文化」で、葛城煙火株式会社の方から、花火について講義をしていただきました。

花火の仕組み、打ち上げ方、日本と世界の花火の違い、花火の楽しみ方、日本各地の花火など多岐に渡るお話でした。

また、実際に使用する火薬にも触れさせていただきました。

普段何気なく見ていた綺麗な花火が、様々な苦労と工夫で打ちあがっていることを知る良い機会となりました。

  

 

文責:授業担当者