カテゴリー別アーカイブ: 70回生

第70回卒業証書授与式(3月1日:木曜日)

第70回卒業証書授与式が挙行されました。厳粛な空気の中、70回生、男子134名、女子170名が堂々とクラス担任に引率されて入場しました。

 

 

担任の先生の呼名に、大きな声で返事し起立していきました。学年の代表者が登壇し、校長先生より卒業証書が授与されました。

 

 

学校長式辞、同窓会長祝辞では、県尼を巣立っていく70回生にはなむけの言葉が贈られました。

 

在校生のことばでは、先輩への想いが、卒業生のことばでは、3年間の県尼高校生活の思い出を気持ちが込めて話されました。

 

卒業生の歌では、70回生304人が一つになって『時を越えて』を熱唱しました。

 

高校生として最後の校歌斉唱を、卒業生、在校生、職員、ご臨席いただいた方々と体育館に響き渡る声で斉唱しました。そして、保護者の皆さん、先生方の拍手の中、学び舎を巣立って行きました。

 

式後、学年主任の挨拶、PTAより学年団へ花束の贈呈がありました。

 

広報・図書部

70回生予餞会:最後の学年集会(2月28日:水曜日)

午後から70回生予餞会が行われました。最後の学年集会です。教頭先生のご自身の体験談をもとに、県尼から羽ばたく70回生に向けて、高校生時代の仲間の素晴らしさやつながりの大切さ、尼崎への愛着をお話しされました。

放送部3年生と有志で作成した3年間の思い出をまとめたDVDを鑑賞しました。他校へ転勤された先生方のメッセージもありました。

 

卒業式予行で表彰された、『県尼スポーツ賞』、『皆勤賞』の表彰状が学年主任より手渡されました。また、1月以降の表彰の伝達がありました。

 

70回生学年団の先生方が生徒全員に向けてメッセージを送りました。

 

 

最後に、70回生より学年主任の先生に花束が贈られました。

広報・図書部

第70回卒業式予行(2月28日:水曜日)

第70回卒業証書授与式予行が行われました。予行に先立って同窓会入会式に臨みました。本校同窓会副会長さんが、新たに同窓会に入会する70回生を歓迎し、今年95周年を迎える母校、県立尼崎高等学校を盛り上げていきましょうとお話なしされました。本校同窓会では、旧制中学校から回を数える習わしがあり、「県尼70回卒業生」は「県尼同窓会92回生」とも呼ばれます。同窓会理事の方が、同窓会の説明をされました。

 

70回生の同窓会理事の紹介があり、同窓会を代表し、本校理事の先生(33回生)より卒業記念品が贈られました。また、新入会の70回生代表理事が挨拶をしました。

 

同窓会入会式後、2年生も加わり、卒業生からの卒業記念品贈呈式、表彰式(県尼スポーツ賞、皆勤賞)が行われました。

 

 

その後、卒業式の流れを確認しました。

広報・図書部

2月全校集会(2月2日:金曜日)

2月全校集会が行われました。3年生が自宅学習に入り、1、2年生だけの少し寂しい集会です。

校長先生の講話では、先日のマラソン大会で、ゴール後の生徒が達成感に満ちたすがすがしい姿や、昨日の1年百人一首大会での真剣な姿に触れられ、着任以来生徒達に送っているメッセージ(高校時代は教養を高め、3年間を無為にすごしてはならない、今、この時にしか打ち込めないこと打ち込む)とともに、『マラソンや百人一首大会(学校行事)、読書や単語を覚えるなど、自分への投資になることを意識して高校生活を送ってほしい。』と話されました。

表彰伝達ででは、マラソン大会の1位の男女生徒にビクトリーバッジの贈呈と、次の表彰伝達がありました。

・美術部生徒:平成29年度明るい選挙啓発ポスター兵庫県コンクール(兵庫県選挙管理委員会)入選

・美術部生徒:第29回読書感想画兵庫県コンクール(兵庫県学校図書館協議会、毎日新聞社)優秀賞

 

生徒指導部長は、「3年生が自宅学習に入ったこの時期は、1、2年生にとっては課題、反省を踏まえて次の年度の準備をする時期。」と進級への心構えをお話しされました。

生徒会代表生徒は、「この時期インフルエンザが猛威をふるっています。今月末には大切な学年末考査も控えています。各自体調管理に努めましょう。」と呼びかけました。

広報・図書部

平成29年度尼崎市内公立高等学校キャリア教育研究会後期生徒交流会が開催されました。(1月16日)

1月16日(火)に平成29年度尼崎市内公立高等学校キャリア教育研究会後期生徒交流会が本校で開催されました。尼崎小田高校、尼崎西高校、市立尼崎双星高校、尼崎工業高校と本校から約80名の2、3年生の生徒が参加しました。

  

本校の辻井嘉介校長の代表挨拶の後、本日の講師紹介を尼崎公共職業安定所指導官中島勝志氏にしていただき、「学生と社会人の違い」という演題で株式会社特発三協製作所代表取締役社長の片谷勉氏に話をしていただきました。

   

会社の概要からはじまり、会社が製作している薄板ばねについてなどの話がありました。製品はメイドイン尼崎グランプリなど数々の賞を受賞しており、工場見学として子どもものづくり体験セミナーをはじめ、ラオスやカザフスタン、ウクライナなどの海外視察も受け入れているそうです。平成25年1月には安倍総理も会社見学をされて日本経済新聞に取り上げられたそうです。企業がどうして社員を採用するのかをはじめ、学生と社会人の違い、勉強と作業についてなどの話を聞きました。仕事は作業を積み重ねながら日々改善をすることであり、知恵は知識と熱意を掛け合わせたものに、経験をたしたものであることを聞きました。人生は一度だけ、世の中の役立つ人になる。必要とされる人となる。自分の人生は自分が決める。本気でやる。ということを話されて講演会をまとめられていました。

   

次に参加校の3年生生徒による就職内定者報告会がありました。夏休み、学校に毎日登校して面接などの練習をしたことや、自分に合った職業を職場見学をしたことで見極めたことなどの報告を聞きました。最後は尼崎公共職業安定所の職業相談部長の小林孝至氏の閉会挨拶がありました。

進路指導部

第50回戌(いぬ)年賀状版画コンクールに3年美術選択者が作品を出品し、銀賞を受賞しました。(1月7日)

第50回戌(いぬ)年賀状版画コンクールに3年美術選択者が作品を出品し、銀賞を受賞しました。全作品が1月2日(金)から23日(火)まで王子動物園内動物科学館休憩ホールに展示されました。1月25日(木)から31日(水)まで、さんちか花時計ギャラリー(神戸市営地下鉄海岸線花時計駅から神戸市役所へと続く南北の地下道展示場)にて入賞作品が再度展示されます。

  

右上の作品(本校銀賞作品)   その他の本校応募作品の展示風景

美術授業担当者

平成29年度明るい選挙啓発ポスター、兵庫県審査で美術部の生徒が入選しました。(1月9日)

平成29年度明るい選挙啓発ポスターに尼崎市で特選を受賞した美術部2年福島佑菜さんの作品が兵庫県の審査に出品され、応募作247点の中から13点選出された中に入りました。

   

入選:2年 福島佑菜

  

同時に小学校や中学校の受賞作品や入選作品も展示されており、どの作品もテーマに合わせて丁寧に描かれており、見ごたえがありました。作品は1月10日から19日まで神戸常盤アリーナ(兵庫県立文化体育館)アートギャラリーで展示されています。

美術部

3学期始業式(1月9日:火曜日)

祝日の関係で、例年より少し長い冬休みが終わり、元気な顔で生徒たちが登校してきました。3年生が1月末で登校しなくなるので、3つの学年が揃うのはこれが最後となります。

校長先生の始業式式辞では、今年は戌年であることから、日本の天然記念物の柴犬と秋田犬に関わるお話をなさいました。また、3年生に最後まで頑張りましょうと激励なさいました。

生徒指導部長のお話では、健康で安全にこの1年も過ごせるようにしましょうと話しかけられました。

生徒会代表者も、新しい1年のスタートとして正しい学校生活を送りましょうと呼びかけました。

広報図書部

2学期部活動等表彰伝達

運動部、文化部、授業での取り組みの成果をお知らせします。

9月(2学期始業式にて)

  • 水泳部が、平成29年度尼崎市民選手権水泳競技大会で、男子4×50mリレー高校の部第1位第2位、男子200m平泳ぎ高校の部第1位、男子50m平泳ぎ高校の部第2位、男子50m平泳ぎ高校の部第3位、男子50mバタフライ高校の部第3位
  • バドミントン部が、67回尼崎市民スポーツ祭バドミントン大会で、男子三部Aチームが優勝、男子四部Cチームが3、男子四部Dチームが3、兵庫県高等学校体育連盟阪神地区新人バドミントン選手権大会で、男子ダブルス第3位

10月(全校集会にて)

  • 男子バレーボール部が、兵庫県高等学校体育連盟阪神地区バレーボール秋季リーグ戦大会で男子4部優勝
  • 男子バドミントン部が第63回尼崎市高等学校総合体育大会バドミントン大会で男子団体優勝、66回尼崎市長杯バドミントン大会で男子二部3

11月(全校集会にて)

  • 男子バドミントン部が、兵庫県高等学校体育連盟阪神地区新人バドミントン選手権大会で男子団体優勝

12月(終業式にて)

  • 美術部、美術授業選択者が、尼崎市選挙管理委員会「平成29年度明るい選挙啓発ポスター作品募集」で特選、入選、佳作
  • 女子卓球部が、尼崎市内総体卓球大会で女子団体第3位、女子シングルス優勝、第3位
  • 男子バドミントン部が、66回尼崎市長杯バドミントン大会で男子二部二位
  • 生徒2名が、第十一回全日本学生・ジュニア短歌大会(日本歌人クラブ主催、文化庁毎日新聞社東京教育委員会後援)で奨励賞
  • 生徒2名が、兵庫県学校図書館協議会阪神高校支部第六十三回読書感想文コンクールで、佳作
  • 美術部が、第41回兵庫県高等学校総合文化祭美術・工芸部門展で表彰
  • 放送部が、第四十一回兵庫県高等学校総合文化祭放送文化部門テレビ番組小部門で奨励賞
  • 書道部が、第四十一回兵庫県高等学校総合文化祭書道展で特選

 

 

生徒指導部

2学期終業式(12月22日:金曜日)

2学期終業式が行われました。

校長先生の講話の中では、受験を控えた3年生に、過去に担任としてもった生徒を例に、「最後まで粘り強く勉強にとりくんでほしい。」と激励されました。また、3学期には、英検、漢検などの検定試験が控えており、この冬休みに十分な準備をして臨んでくださいと励まされました。

表彰伝達では、県総合文化祭での文化部の表彰、運動部の表彰、読書感想文、美術、俳句、スタディーサプリの表彰がありました。詳細は生徒指導部の2学期表彰伝達をご覧ください。

生徒指導部長の講話では、生徒指導部では、「自転車交通安全」、「薬物乱用防止」、「ネットトラブル防止」に関する講演会を行ってきました。生徒一人一人が、その講演会の内容を思い出して、冬休みを過ごしてほしい。とお話しされました。

生徒会代表者挨拶では、年内に大掃除をして、よい新年を迎えましょうと呼びかけました。

広報・図書部

「第3学年セルフナビ 学年スピーチ大会」を行いました(12月20日)

12月20日(水)に「第3学年セルフナビ 学年スピーチ大会」を行いました。

2学期の後半のセルフナビ(総合的な学習の時間)で、各クラスごとにスピーチ大会を行いました。卒業を控え、「関心のある事柄」「社会問題」「今、自分の思うこと」をテーマに、各クラスでスピーチ大会を行いました。そして、各クラスで選ばれた代表生徒8名が、体育館での舞台で発表しました。この3年間での自分自身の変化、尊敬する人、自分の将来、私の学んだこと、自分の興味のあることなど、発表者の思いのこもったスピーチでした。

結果は以下の通りです。

優勝 8組 Sさん 『先生』

2位 3組 K君  『僕は・・・変わった』

3位 1組 O君  『知識』

教室での発表も含め、人の前で発表するというのは貴重な経験になったことと思います。今後に活かして下さい。

 

 

 

3年生担当者

SNSネットトラブル防止講演会(12月15日:金曜日)

本日3時間目、尼崎少年サポートセンターより講師を招き、ネットでのトラブル事例や、ネット使用時の心構え、トラブルに巻き込まれた時の対象法や相談先などについて、DVDとパワーポイントを使って解り易く説明していただきました。

 

生徒指導部

第2回教育と絆コース集会(教育と絆コース1年、2年、3年)を開催しました。(12月14日)

12月14日の2校時に第2回教育と絆コース集会を開催しました。今回は大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授いわみせいじ先生に講演をしていただきました。マンガにおける感情表現について演習形式で受講しました。

      

いわみ先生は、はじめに墨で名前を書き、その上から絵を描きこんでいくことでマンガを完成させ、その手際良さとマンガの完成度の高さに生徒たちは感嘆していました。

  

今回は「顔」をテーマに感情表現の方法を学びました。顔のパーツで眉毛、目、鼻、口の部分を各3種類以上描き、描いた各パーツを組み合わせて色々な顔の輪郭の中に描いていきました。パーツの組み合わせを変えるだけですぐにいろいろな表情になることを学びました。その組み合わせを考えることで、感情表現をすることができ、パーツの組み合わせにより何万種類もの表情を作ることができることを学びました。

  

最後はいわみ先生とじゃんけんをして勝った2人の生徒の似顔絵を描いていただきました。まずはじゃんけんに勝った生徒が名前を書き、いわみ先生がその名前の上からそれぞれの文字を生かしながら顔を描かれました。場合によってはさかさまに描いて、出来上がってからひっくり返して見せると似顔絵になっているマンガには生徒から驚きの声が出ていました。

  

いわみ先生が作品を持参してくださったので机の上に展示して鑑賞しました。生徒たちは、いきいきとしたマンガを熱心に見ていました。

教育と絆コース担当者

美術部の生徒が自転車事故防止啓発活動に参加しました。(12月15日)

美術部の生徒が12月15日(金)午後1時30分から尼崎南警察署主催の自転車事故防止啓発活動に参加しました。

   

この活動は、チャリンコ ステッカーデザインコンテスト(交通安全にまつわるデザイン)、主催:大阪芸術大学短期大学部・Kiss FM KOBE(兵庫エフエム放送株式会社)で最優秀賞:髙橋美羽(1年)、優秀賞:尾藤菜々花(3年)、峰行ひより(2年)、梅崎千尋(2年)の4名が受賞したデザイン画を自転車用ステッカーにしており、これをティッシュペーパー、キーホルダーやチラシと共に署員の方々と配布する活動でした。

   

東難波町5丁目の難波交差点付近路上で活動しましたが、交通事故防止を呼びかけると尼崎市民の方々も止まってくださり、交通安全の呼びかけに応じていただきました。生徒が描いたステッカーをその場で自転車に貼ってくださる方もおられました。生徒たちも寒い中、一生懸命活動することができました。

美術部顧問

高大連携授業、大手前大学佐藤晴美先生の第2回目の授業を芸術(美術Ⅲ選択者)が受講しました。(11月22日)

11月15日に続いて、11月22日に第2回高大連携授業を受講しました。大手前大学メディア・芸術学部マンガ制作専攻の佐藤晴美先生に「マンガのキャラクターについて」の2回目の授業を芸術(美術Ⅲ選択者)が受講しました。

     

今回は前回設定したキャラクターの全身像をはじめいろいろな表情(笑った表情、ほほえんだ表情、怒った表情、叫んだ表情)を描き、最終的にはマンガ用清書用原稿用紙にペン入れ(0.3、0.5、0.8のペンで線の太さを変えて描いていく)をするところまで制作を続けました。

   

のびのびとした線を引くことがいいことや線の修正にはペン型の修正液を使用したり、髪の毛を描く場合、まずは長い線を引いて、雨粒や光を表現するときは、その部分を修正ペンで消して描くなどの技法も学びました。線の折れは汚れに見えることとか、清書用原稿用紙は汚さないようにするとペンのインクの乗りが良くなることなども聞きました。また、バックにはスクリーントーンを使うと効果があるということで使用してみました。

美術授業担当者

書道部員が第41回兵庫県高等学校総合文化祭(書道部門)に書を出品しました。(11月17日~19日)

書道部員が第41回兵庫県高等学校総合文化祭(書道部門)に書を出品しました。県内97校の計380点を集めた展覧会で、原田の森ギャラリーで開催されました。本校からは3年生、藤井佑香、奥山愛音、2年生望月美駒、大山千尋の4名が出品し、特選1点、入選3点の結果でした。

  

特選 3年生 藤井佑香

   

入選 3年生 奥山愛音

     

2年生 望月美駒 2年生 大山千尋

講演会では「子ども伝統文化わくわく体験教室」で本校の書道部員たちが指導を受けた古溝茂先生の講演があり、古溝先生はもともとはサッカー選手でサッカーの遠征で中国に行った時に見た書の石碑に感動をして書の世界を志された話からはじまり、「漢字と仮名交じりの書」についての興味深い講演を聞きました。

書道部顧問

 

 

 

 

 

 

 

 

教育と絆コース3年生が金楽寺小学校での『授業体験』を実施しました。(11月16日)

 

教育と絆コース3年生が金楽寺小学校3,4年生の児童に対して模擬授業(45分)を実施しました。教育と絆コースの生徒が6班(6~7名ずつ)に分かれ、3年生3クラス・4年生3クラスの合計6クラスを各班が担当し、まずは運動場等でアイスブレーキングとして一緒に遊び、その後各クラスにて移動して掃除を一緒に行いながら、模擬授業の準備もしました。

      

13時45分から14時30分まで授業をしました。

3年1組  社会 昔と今の家電について

     

3年2組  算数 重さについて

       

3年3組  英語 単語でビンゴ

     

4年1組  社会 都道府県と世界遺産について

       

4年2組  理科 秋の植物と生き物

      

4年3組  国語 漢字しりとり

      

9月から授業準備を行い、10月の授業参観後、児童に合うように授業内容の修正をして授業準備や授業リハーサル(教育と絆コース1年生を児童に見立てて数回実施)をしました。今日の授業では児童とのコミュニケーションを十分に取りながら模擬授業を展開することができました。授業終了後は授業のアンケートを取り、「とても楽しかった。」「わかりやすかった。」「明日も来てほしい。」という感想がありました。最後は小学校の先生方に挨拶をして帰校しました。実習を受け入れていただいた金楽寺小学校の先生方に感謝です。教育と絆コースとして貴重な経験をすることができました。

     

教育と絆コース担当者

高大連携授業、大手前大学・佐藤晴美先生の授業を芸術(美術Ⅲ選択者)が受講しました。(11月15日)

高大連携授業として大手前大学メディア・芸術学部マンガ制作専攻の佐藤晴美先生の「マンガのキャラクターについて」の授業を芸術(美術Ⅲ選択者)が受講しました。

   

今回はキャラクター設定についてがテーマで、主人公かサブキャラクターのどちらかを描くことなりました。名前や年齢、身長、体重、職業、特技、生活空間の設定をしてまずは顔(正面)のイラストを描きました。

   

マンガでは勢いを重視して、枠からはみ出せば修正すればいいことを聞きました。ただし、場面によってや右左の顔が変化するような描き方は読者が混乱するからだめであると聞きました。この人にしか描けないという個性が必要で、とにかく考えた内容は出力(描いてみる)することが大切であると言われていました。数を多く描いていくとうまくなっていき、表現したい内容を人に伝えることができることを聞きました。その後、キャラクターの全身ポーズ、笑った表情、怒った表情、ほほえんだ表情、叫んだ表情を描きました。

第2回の講習では、キャラクターの全身図にペン入れをします。次回までの課題して、「正月」とわかるアイテムをキャラクターに持たせるよう、小道具とその道具を持つ理由のアイデアを考えてくることが宿題になりました。

芸術・美術担当者

3年生教育と絆コースの生徒が金楽寺小学校で「模擬授業」実施のための事前授業見学をしました。(10月12日)

10月12日の5,6校時に、3年生教育と絆コースの生徒が金楽寺小学校で授業見学を行いました。11月16日に金楽寺小学校の3年1組は社会「昔と今の家電について」、3年2組は数学「重さについて」、3年3組は英語「単語でビンゴ」、4年1組は社会「都道府県と世界遺産について」、4年2組は理科「秋の植物と生き物」、4年3組は国語「漢字しりとり」の授業を1時間実施します。教科やその内容については教育と絆コースの生徒が決めました。今回の小学校の授業を見学することで、今後の授業の準備に生かそうとするものです。

  

すでに学校で事前に授業の準備はしているものの、その内容は実際の児童の実態に合っているか、児童の様子はどうかなどを考えながら見学しました。算数では計算、国語では物語の読解、体育では40m走などの授業を見学しました。金楽寺小学校の先生方の授業を見学し、教頭先生からアドバイスをいただくことができ、実りある時間となりました。

     

教育と絆コース担当者