教育と絆コース のすべての投稿

不登校支援に関する夏季研修会に参加しました。

7月30日、教育と絆コース2年生の希望者が、神戸市西区の神出学園での夏季研修会に参加しました。

研修では、神出学園の支援の方法を学ぶとともに、人の悩みや思いの受け止め方やカウンセリングについて学びました。

当日は他校の教育系志望の高校生も参加しており、高校生同士でのディスカッションや悩みの共有について話し合いました。午後には動物とのふれあいや農園での作業という、神出学園の実際のプログラムを体験し、自尊感情について考える機会となりました。

教職を目指す生徒たちにとって、学びが多く、とてもいい機会となりました。

神出学園のスタッフの皆さん、ありがとうございました。

教育と絆コース担当者

2年生教育と絆コースの生徒が郷土種グリーンフェスタに参加しました。(3月18日)

3月18日(日)に2年生教育と絆コースの生徒が郷土種グリーンフェスタ「森づくりの仲間たちコーナー」に参加しました。当日は森市祭も同時に開催され、会場の尼崎の森中央緑地大芝生広場には多くの家族連れでにぎわいました。

        

グリーンフェスタでは植樹等でお世話になっているアマフォレストの会の方々もシイタケの植菌体験をされていました。

        

本校の生徒はうんぱくでも実施したお面づくりをしました。多くの幼児、児童が集まり人気アニメのキャラクターなどのお面を楽しんで作りました。生徒たちも一人一人にやさしく丁寧に教えていました。うんぱくの時より多めにお面の準備しましたがすべてなくなりました。

        

生徒たちはたくさんの幼児、児童とふれあうことができ有意義な一日となりました。森市祭で訪れていた「ちっちゃいおっさん」もお面づくりの場所に訪れ、「ようやってんな。」と言われていました。

       

ステージのイベントや20数店の飲食出店や乗馬体験、ファミリーフェスタなど盛りだくさんの内容でした。午前中は曇っていましたが、午後は晴天になり、気持ちの良い日でした。

教育と絆コース担当者

2年生教育と絆コースの生徒が第2回植樹体験を尼崎中央緑地パークセンターで実施してきました。(3月6日)

2年生教育と絆コースの生徒が昨年の7月に続いて第2回社会基盤学習(植樹体験)を尼崎中央緑地パークセンターで実施してきました。まずはアマフォレストの会の高木一宇会長から実際に森を作るには除草など大変な作業を地道に行わないといけないことなどを聞いた後、本日の作業についての説明を受けました。

  

A班、B班の2グループに分かれて作業を実施しました。今回は他校の児童が植樹した場所において発育の悪い個所に新しい苗木を植樹しました。苗木を植える穴を掘り、ポットから出した苗木の根を土に這わせることができるようにほぐし、穴に植えるという作業です。植えた苗木を引っ張ってすぐに抜けないようにしっかりと植えました。

   

植樹した後は水をたっぷりとやり、その後間伐材のチップをまいて雑草がついたり育ったりしないようにしました。

   

次は「県尼活動の森」の除草作業と間伐作業を行いました。間伐作業では高く育った木でも、木が密集している場所では良い木を育てるために不必要な木を根本から切りました。切り取った木はチップをつくるためある程度の長さに切りました。

   

   

風が強く気温も低い中、生徒たちは一生懸命作業に集中して行うことができ、高木会長からは一人一人が良く頑張っていたとお褒めの言葉をいただきました。

   

教育と絆コース担当

現代美術家山下克彦氏の講義を受けました。(3月5日、8日) 1,2年生美術選択者、美術部

現代美術家山下克彦氏を招いて美術の実技講習を受けました。今回のテーマは「投げる」ということで投てき絵画をしました。まずはティッシュペーパーに水を含ませて窓ガラスに当てて作品を制作しました。

    

    

窓ガラスにくっついたティッシュペーパーは投げる力や方向によりいろいろな表情をみせて、美術部員は全体の構成を考えながら投てきしていました。次は黒板に模造紙を貼り、透明水彩で色を付けたティッシュペーパーを投てきし作品を制作しました。

    

ティッシュペーパーが模造紙に当たり、張り付いたティッシュペーパーや透明水彩絵の具が飛び散ったり流れたりする様子が非常に美しく、筆で描く作品とはまた違った作品制作を経験することができ、表現方法の幅を身に着けることができました。

美術授業担当

1年生教育と絆コースの生徒がアマフォレストの会の高木一宇会長から講義を聞きました。(3月8日)

1年生教育と絆コースの生徒がアマフォレストの会の高木一宇会長から講義を聞きました。2年生では7月と3月の2回尼崎の森中央緑地パークセンターで植樹体験を実施するので活動の事前学習を兼ねて、尼崎の森の状況、森の大切さから、植林する木の種類や方法、現在のの活動などを聞きました。今回の講演を生かして実際に尼崎の森での植林作業等に取り組んでいきたいと思います。

  

教育と絆コース担当者