進路指導部 のすべての投稿

平成29年度尼崎市内公立高等学校キャリア教育研究会後期生徒交流会が開催されました。(1月16日)

1月16日(火)に平成29年度尼崎市内公立高等学校キャリア教育研究会後期生徒交流会が本校で開催されました。尼崎小田高校、尼崎西高校、市立尼崎双星高校、尼崎工業高校と本校から約80名の2、3年生の生徒が参加しました。

  

本校の辻井嘉介校長の代表挨拶の後、本日の講師紹介を尼崎公共職業安定所指導官中島勝志氏にしていただき、「学生と社会人の違い」という演題で株式会社特発三協製作所代表取締役社長の片谷勉氏に話をしていただきました。

   

会社の概要からはじまり、会社が製作している薄板ばねについてなどの話がありました。製品はメイドイン尼崎グランプリなど数々の賞を受賞しており、工場見学として子どもものづくり体験セミナーをはじめ、ラオスやカザフスタン、ウクライナなどの海外視察も受け入れているそうです。平成25年1月には安倍総理も会社見学をされて日本経済新聞に取り上げられたそうです。企業がどうして社員を採用するのかをはじめ、学生と社会人の違い、勉強と作業についてなどの話を聞きました。仕事は作業を積み重ねながら日々改善をすることであり、知恵は知識と熱意を掛け合わせたものに、経験をたしたものであることを聞きました。人生は一度だけ、世の中の役立つ人になる。必要とされる人となる。自分の人生は自分が決める。本気でやる。ということを話されて講演会をまとめられていました。

   

次に参加校の3年生生徒による就職内定者報告会がありました。夏休み、学校に毎日登校して面接などの練習をしたことや、自分に合った職業を職場見学をしたことで見極めたことなどの報告を聞きました。最後は尼崎公共職業安定所の職業相談部長の小林孝至氏の閉会挨拶がありました。

進路指導部

関西大学インターンシップが終了しました。(9月4日~8日)

9月4日~8日の関西大学インターンシップが終了しました。コメントが届きましたので紹介します。

3年生教育と絆コース担当:Nさん

5日間という短い期間でしたが、本当に貴重な経験をすることができました。クラスの皆さんと話す機会が多くあり、毎日楽しく過ごすことができました。教師になるための努力を続けていこうと改めて思うことができました。本当にありがとうございました。

2年生教育と絆コース担当:Sさん

5日間という短い期間でしたが、教職員の方々の暖かいサポートがあり最後までやりとげることができました。今回のインターンシップでの経験を基に教員採用試験に向けて日々専心していくつもりです。ありがとうございました。

1年生教育と絆コース担当:Kさん

5日間という短い期間でしたが、多くの事を学ぶことができました。クラスの皆さんとすぐに打ち解け、たくさんの話ができたことが嬉しかったです。教師になりたいと思えた5日間でした。ありがとうございました。

進路指導部

関西大学インターンシップがはじまりました。(9月4日~8日)

9月4日から8日まで、関西大学インターンシップが実施されています。これは、関西大学で学ぶ学生の中で教職を目指す学生が希望する学校においてインターンシップを実施するプログラムです。

                      

今回は3人の実習生が来校しており、各学年の教育と絆コースのクラスを担当しています。授業見学をしたり、ホームルームで活動したり、教員の業務を体験したりとさまざまな内容に取り組んでいます。今後11月30日には教育と絆コースの1年生が関西大学へ訪問し学校見学をする予定です。

進路指導部

マイナビ進学FESTAに参加してきました。(7月13日)

7月13日(木)にインテックス大阪で開催されたマイナビ進学FESTAに1,2,3年生の生徒の希望者19名が参加してきました。

    

13時30分マイナビが用意した無料バスに乗って会場のインテックス大阪まで行きました。

    

会場では企業や大学などが講演や模擬授業を行いました。また、企業は、自社の業務、大学は、大学で研究している恐竜についてや経済、語学、教育、芸術などブースごとに幅広く講演を実施していました。また、各学校のブースでは、担当者と学校についての内容を詳しく聞くことができました。

進路指導部

A-Lab Artist Gate2017を美術部の生徒が鑑賞しました。(7月12日)

新鋭アーテイスト発信プロジェクト A-Lab Artist Gate 2017を美術部の生徒が鑑賞しました。今回の展示は今春、大学、専門学校を卒業か大学院を修了した今後が期待される若手アーテイスト7人によるグループ展でした。

      

油絵や日本画、写真、映像、立体、インスタレーションなど多様な表現の作品が展示されており、楽しく鑑賞することができました。会場は西長洲町2丁目で本校から近く旧公民館(西長洲保育所横)をリノベーションしたあまらぶアートラボでした。

      

作品鑑賞後、株式会社チューブ ブロックが製造している尼崎城の製作をしました。作業は壁になるチューブブロックを組み立てました。最初は慣れない組み方に戸惑いましたが、慣れてくると素早く組み立てることができました。

       

    

尼崎城の壁の一部でしたが、全員の組んだチューブブロックを組み合わせ完成させました。

美術部顧問

書道部4名が墨 兵庫オープン展2017において受賞しました。(3月25日、26日)

墨 兵庫オープン展2017 第40回記念 相生総合書道展に書道部の生徒4名が出品し、受賞しました。(受賞者は以下の通り)

相生書人会賞 3年 奥山 愛音

金賞 1年 望月 美駒

佳作 3年 藤井 佑香

、2年 大山 千尋

相生書人会主催(平成28年度相生市芸術文化活動助成事業)で相生市文化会館「扶桑電通なぎさホール」1階中ホールにおいて、平成29年3月25日(土)と26日(日)に展示されました。

書道部顧問

1年生教育と絆コースの生徒がアマフォレストの会の高木一宇会長から講義を聞きました。(3月8日)

1年生教育と絆コースの生徒がアマフォレストの会の高木一宇会長から講義を聞きました。2年生になると7月と3月に尼崎スポーツの森で植樹体験を実施するので活動の事前学習を兼ねて、尼崎の森の状況、森の大切さから、植林する木の種類や方法、現在の尼崎スポーツの森での活動などを聞きました。今回の講演を生かして実際に尼崎スポーツの森での植林作業等に取り組んでいきたいと思います。

     

 

2年生教育と絆コースの生徒が第2回植樹体験を尼崎スポーツの森でしてきました。(3月6日)

2年生教育と絆コースの生徒が昨年の7月に続いて第2回社会基盤学習(植樹体験)を尼崎スポーツの森で実施してきました。まずはアマフォレストの会の高木一宇会長から六甲山の森も植樹によって100年かけて現在の森になるまでに育てたことや尼崎に森がないのでこの場所に尼崎の種や苗を使用して尼崎の理想の森を作る話を聞きました。実際に森を作るには除草など大変な作業を地道に行わないといけないことなどを聞いた後、本日の作業についての説明を受けました。

   

A班、B班の2グループに分かれて作業を実施しました。今回は苗木のガマズミ、マルバアオダモ、クサギ、アカメガシワを各12本植樹しました。まずは苗木を植える穴を掘り、ポットから出した苗木の根を土に這わせることができるようにほぐし、穴に植えました。植えた苗木を引っ張ってすぐに抜けないようにしっかりと植えました。

   

          

植えた後は、しっかりと水をまきました。水まきをした後、雑草が出ないように、間伐材をくだいた木のチップをバケツでまきました。苗木のまわりに山になるぐらいまくことで雑草がつかないことを聞きました。

  

次は「県尼活動の森」の除草作業と間伐作業を行いました。また、1m以上に成長した苗木の枝分かれしている部分をのこぎりで切ったり、細い枝を落とすなどの下枝払いも行い、木をすっきりさせました。

   

作業前は雑草が生い茂り、枝分かれの多い木も、雑草もなくなり、木もすっきりと地面に立ちました。天気は曇っていましたが、風もなく寒さも緩んだ日で,午前中しっかりと作業に取り組めました。

第3回教育と絆コース集会を開催しました。(3月2日)

第3回教育と絆コース集会(1年生、2年生)を開催しました。今回はレクリエーション実習として「キンボール」をしました。「キンボール」のルールや競技の内容については前回の授業で2年生が1年生に指導しました。毎年、2年生が1年生にルール等を教えるのですが、この指導の方法についても2年生が事前に準備して1年生が理解しやすいよう工夫して教えることで、2年生が指導の方法を学ぶ目的もあります。

    

    

    

本日は1年生対2年生の試合を3試合実施しました。結果は2年生が勝ちました。やはり競技に慣れている2年生の方が作戦の立て方や生徒同士の連携プレーがうまくいっていたようです。

    

神戸芸術工科大学特任教授福島美和先生の「ペン置き」の授業を2年美術選択者(1月31日、2月7日、9日、14日)が素描「木炭デッサン」の授業を2年生素描選択者(2月21日)が受講しました。

神戸芸術工科大学特任教授福島美和先生の「ペン置き」の授業を2年美術選択者が受講しました。(1月31日、2月7日、9日、14日)

   

まずは本時の大まかな段取りの説明を聞き、作業に移りました。作業は、プラスチックの板を適度の大きさに切り、切った面をやすりの番号の小さい荒いものからかけてまずは形をととのえ、番号の大きい細かいもので仕上げました。

   

次にドリルでブラスチック板に穴を開けました。穴の数はペンを置きたい数だけ開けました。穴が開けられたら、ブラスチック板の中心をヒーターの真ん中に置いて温め、二つに折り、完成させました。

        

色々な色のプラスチック版によるペン立てが完成しました。

「木炭デッサン」の授業を2年生素描選択者が受講しました。(2月21日)

「木炭デッサン」の授業では、鳥のはく製をモチーフにして木炭で木炭紙に描きました。木炭を使用して絵を描くのははじめてでしたが、描いた木炭の絵を指や手のひらで押さえて明暗の変化を表現したり、ねり消しゴムで光を描くなど指導を受けて工夫して描き進めました。

    

福島先生に一人一人細かいところまで指導していただきました。

    

 

現代美術作家山下克彦氏の講座を美術選択者(1,2,3年)と美術部生徒が受講しました。(2月8日)

2月8日に現代美術作家の山下克彦先生の「モノタイプ」の講座を受講しました。「モノタイプ」とは版画技法の一種で、色々な物に絵の具を塗り、乾燥前にその上に紙を載せてからこすって図を転写する版画です。一枚のみ(モノ)の作品となることが特徴であり、複数性を大きな特徴とする版画にあっては特異な技法のことです。まずは山下先生が作品制作の実演をされながら説明をされました。

    

版を作るのに、美術室にある紙や紐など各自が好きな素材を集めました。集めた素材を紙の上に置き、墨汁を使用してモノトーンの作品を制作したり、アクリル絵の具を塗って色彩豊かに表現したりしました。作品制作では模造紙を使用して一人で作品を作る生徒もいれば、数名のグループになって一枚の作品を制作するなど様々な作品が仕上がりました。

     

     

作品の完成後、作品を展示して各作品の鑑賞会をし、作品の感想を発表しました。

 

 

 

相愛大学の第3回出前授業を教育と絆コース2年生が受講しました。(2月9日)

相愛大学人間発達学部子ども発達学科准教授社会福祉士、直島正樹先生の「社会福祉」授業を受講しました。社会福祉とはどういったものであるかということを理論とアンパンマンやクレヨンしんちゃん、サザエさんなどのアニメを例にとりわかりやすく説明を受けました。また、直島先生が執筆された福祉をテーマにした本をもとにしていろいろな福祉のケースの説明を受けました。

             

          

保育と福祉のかかわりなどの説明もあり、生徒たちは興味を持って授業を受講することができました。

第89回兵庫県小・中・高校絵画展に美術部1年生と3年生が出品しました。(12月30日)

第89回兵庫県小・中・高校絵画展に美術部1年生福島佑奈「白いパレット」F20号の作品と3年生新城晴菜「惜別」F50号の作品が入選しました。応募総数1512点で入選が773点でした。作品は大丸神戸店9階特設会場で12月26日(月)から30日(金)10時から20時まで(最終日は16時まで)展示されました。どの作品も力作ばかりで、時間をかけてじっくりと取り組んでいました。題材の静物画から風景画やイメージ画にいたるまで、いろいろなテーマに取り組んで、各自の個性を生かした表現になっていました。

18        16

「白いパレット」1年福島佑奈

19     15

「惜別」3年新城晴菜

 

 

 

 

教育と絆コース1年生が教育ナビの時間に大阪人間科学大学の先生の授業をうけました。(1月12日)

1月12日(木)7時間目に1年生、教育ナビの授業において、大阪人間科学大学人間科学部こども福祉学科の堀裕子教授に「子ども心に響く音楽あそび、表現あそび」というテーマで授業を受けました。音楽に合わせて頭や肩に右手左手を置くあそびや手話で「となりのトトロ」を歌うなどの表現をしました。

1s   1d

ネコチームとネズミチームに分かれて、どちらかの動物の名前を呼ばれた生徒が手をはさみ、呼ばれなかった動物は逃げるというあそびをしました。この活動は、ただ単に遊ぶだけでなく、ネコとネズミを交互に呼んで各自の達成感を感じさせたり、指導する方は目的を持って取り組むことが大切であることなどを学びました。笑いの絶えない楽しい授業となりました。

1e   1f

JRC部とボランティア希望者が尼崎市成人の日のつどいに参加しました。(1月9日)

2017年 尼崎市成人の日のつどいボランティアに、当日のスタッフとして参加しました。このボランティアについては県尼で6年程続いているボランティアで、人気の高いボランティアの一つでもあります。今年は全校生に募集をかけ、総勢36名が参加してくれました。任務としては、新成人の方の会場受付や、来賓の誘導・接待、また、会場の誘導係などを担当しました。仕事をしながら、自分の先輩にお祝いの声を掛けたり、羽織、袴、振袖などの晴れ着や礼服に身を包んだ成人の方に目を細めたりする姿も見受けられました。

  111b     1b

県尼生のボランティアスピリッツは年々浸透している気がします。何か活動してみたい人は担任の先生に声を掛けてください。

            11b

 

第89回兵庫県小・中・高校絵画展に1年生と3年生の美術部の生徒の作品が入選しました。(12月26日)

第89回兵庫県小・中・高校絵画展に美術部1年生福島佑奈「白いパレット」F20号の作品と3年生新城晴菜「惜別」F50号の作品が入選しました。作品は大丸神戸店9階特設会場で12月26日(月)から30日(金)10時から20時まで(最終日は16時まで)展示されます。是非ご鑑賞ください。

“世紀のダ・ヴィンチを探せ!”高校生アートコンペティション2016の大賞が決定し、美術部3年生が特別賞を受賞しました(11月27日)

“世紀のダ・ヴィンチを探せ!”高校生アートコンペティション2016の大賞が決定し、美術部3年生新城晴菜の油絵F50号の作品が特別賞を受賞しました。その授賞式が11月27日(日)に大阪芸術大学・芸術劇場で行われました。 この公募展は満15歳から満18歳を対象にしており、領域を超えて若い感性を競い合い、新しい表現の可能性を追求し、次世代の芸術文化を担う若者の発掘を目指して行われています。

3

10回目となる今年は、44の都道府県から1943点の作品が集まり、その中からダ・ヴィンチ大賞(1点)をはじめ、入賞・入選作が選ばれました。 展覧会 は2016年11月27日(日) から12月10日(土)まで 大阪芸術大学 芸術情報センター1階の展示ホールで展示されました。

1 新城晴菜「忘れたくない場所」

表彰式の後は作品を鑑賞し、レセプションがありました。

2

 

 

 

平成28年度明るい選挙啓発ポスター、兵庫県審査で美術部の生徒が入選しました。(12月1日)

平成28年度明るい選挙啓発ポスターに尼崎市で特選を受賞した美術部3年玉中亜実の作品が兵庫県の審査に出品され、応募作306点の中から13点選出された中に入りました。

1111     1112

入選:3年玉中亜実

1114  1115

1115  1116

同時に小学校や中学校の受賞作品や入選作品も展示されており、どの作品も細かいところまで力を入れて丁寧に描かれており、見ごたえがありました。作品は12月1日から11日まで兵庫県立文化体育館アートギャラリーで展示されました。

第2回教育と絆コース集会(教育と絆コース1年、2年、3年)を開催しました。(12月8日)

12月8日の2、3校時に第2回教育と絆コース集会を開催しました。今回は大阪芸術大学初等芸術教育学科初等教育コース教授の奥原光先生に講演をしていただきました。赤ちゃんが生まれて初めて声を出す(産声)音の高さは「ラ」の音であるのが世界共通であることや、生まれてすぐは息を吸うなど興味深い話からはじまり、子ども文化や初等芸術教育についての話を聞きました。

aaao1   aooo4

奥原先生の専門の打楽器の実技実習「ボディパーカッション」の演習をしました。楽譜を見ながら手拍子でリズムを刻みました。はじめはリズムがバラバラだったりしましたが、何度も練習をしていく中でだんだんと楽譜通りにリズムを刻めるようになりました。また手のどこを叩けばいい音がでるかなど工夫して練習を重ねました。

aaao3   aaa07

奥原先生が叩かれたタンバリンのリズムに合わせて手拍子のリズムを刻むなどの演奏をしました。

aaao2   aaao6

最後は同じリズムを楽譜にかかれた通り、手やひじ、足、おしりなどを叩いてリズムを刻みました。みんなでリズムを合わせることに注意してリズムを刻みました。音楽で大切なことは静寂で、他の人が演奏している時は静かにするなどマナーを守って授業に取り組むことができました。