PTA

「第45回近畿地区高等学校PTA連合会大会 和歌山大会」参加

2019.07.30
   7月6日(土)、標記の大会が和歌山県民文化会館で開催されました。大会テーマは「家庭での子どもとのコミュニケーションの大切さ」でした。 記念講演の演題は、「清原流 人を創る~やれば誰でもできる~」。講師は、日本体育大学名誉教授の清原信彦氏。氏は同大学水球部監督として公式戦連勝のギネスブック記録を持たれています。近年は同大学の「集団行動」の指導者として活躍されており、2014年ソチパラリンピックの開会式で披露された「集団行動」パフォーマンスの指導・構成を担当されました。講演中に「集団行動」のパフォーマンス映像がいくつか紹介されました。映像の中には練習の様子もあり、まさに「猛特訓」というべきものの成果が感じられました。清原氏が学生を厳しく指導する場面もありました。非常に厳しい指導なのですが、そこには彼がモットーとする「人を創る」ことに対する凄み・真剣さが表れていました。学生をいかに成長させるのか、そこに主眼を置いた活動なのだと思いました。清原氏の真似はできませんが、子どもたちや後進の指導に当たる人は、「真剣さ」を大切にしないといけない、と考えさせられる内容でした。 
【理事】

地区委員会・研修委員会合同研修会

2019.07.30
   7月5日(金)、明石市人権教育推進員 奥内様をアドバイザーとしてお招きし、会議室において「地区委員会・研修委員会合同研修会」を開催いたしました。
   「地域で減災」をテーマにDVD視聴後、27名の参加者でグループディスカッションを行いました。
まだ記憶に新しい西日本豪雨災害からちょうど1年が経過し、最近頻発している自然災害や、自身の阪神・淡路大震災の経験、東日本大震災についてなど、それぞれのグループで活発な意見交換ができました。
   日々の暮らしの中で、時間の経過とともに薄らいでいく防災意識の再確認や日頃からの地域交流の重要性について、改めて考えることができた研修会となりました。
【地区・研修委員会】

AED研修会

2019.07.11
    7月5日に心肺蘇生法についての講習会に地区委員7名で参加いたしました。明石消防署の方々の丁寧なご指導のもと、胸骨圧迫と人工呼吸、またAEDを用いた心肺蘇生の方法について勉強をいたしました。
    和やかな雰囲気ではありながら、みなさん真剣に講習に取り組み、いざという時の人命救助の重要性を再確認いたしました。

【地区委員会】

明城祭にて模擬店出店、制服リユース

2019.07.11
    6月13日、14日の2日間にわたり、明城祭にて模擬店出店と制服リユースを行いました。
    模擬店では今回、ドーナツとジュースの販売を行いおかげさまで皆様よりご好評をいただき、数時間での完売となりました。
    また、制服リユースでは多くの保護者の方や生徒の皆様にご来場いただき、卒業生から譲っていただいた制服を新しい持ち主のもとへ届けることが出来ました。

【学年・地区委員会】