インスパイアハイスクール事業 特別講義

7月16日(金)、インスパイアハイスクール事業として、京都大学大学院理学研究科の田中 耕一郎 教授(物理学・宇宙物理学専攻 光物性研究室)にご来校いただき、特別講義をしていただきました。

第1部「『理学』の楽しさの紹介」では、理学を学ぶことの意義や魅力、また、やがて来るAI社会へ向けてのフューチャー・ビジョンとして、理系・文系という枠組みにとらわれることなく豊かな教養を身に付ける、〈理系文系ハイブリッド〉の重要性をご教授いただきました。

第2部「光で物質を視る、操る、創る-光物理学の最先端-」では、〈光とは何なのか〉、研究の歴史を紐解きながらご解説いただき、また、京都大学で田中教授が取り組まれている最先端の研究について、実際の映像を交えつつご紹介いただきました。

現在、一人ひとり自分の進路に合わせた科目選択に向き合っている生徒たち。講義後には、田中教授のもとへ個別に質問に伺う生徒の姿も多くみられました。生徒の進路設計に刺激を与える、たいへん有意義な講演会となりました。

文責:1年次副担任

カテゴリー: 未分類, 総合学科22期生 パーマリンク