21期生 2年次「模擬ディベート」を行いました

『総合学習』の次の単元である「ディベート」。5月7日(金)5限に、練習として「模擬ディベート」を実施しました。4~5名の班をつくり、その中で肯定側と否定側に分かれ、立論と質疑応答を行いました。

立論は、GW中に各自が考えてきたものを班のメンバーで話し合い、3つの立論をたてていました。ディベートのテーマが「週休3日制を導入するべきである」のため、実感がわきづらい部分もあるようでしたが、一生懸命に取り組んでいました。

 

5月7日(金)6限には「審判講習会」と「ディベートの役割説明」がありました。

今回「模擬ディベート」では、肯定側と否定側だけでしたが、他にも審判を行う班が必要であることや、判定をする上で着目すべき点など、今後のディベートで大事なポイントを学びました。テーマに沿った資料を、より多く準備しようと前向きでした。

文責:2年次総学担当

カテゴリー: 授業, 本校保護者の皆さまへ, 総合学科21期生, 総合学科推進部 パーマリンク