現在、警報は発令されていません。

警報発令によって臨時休業となる場合、こちらに掲載します

★気象警報発令による場合

気象警報(特別警報を含む)は、「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」をさす。
(「注意報」と混同しないよう、テレビの気象ニュースに注意すること)

(1)「猪名川町」「川西市」のいずれかに発令された場合

  1. 午前7時現在、警報発令中の場合は、午前中の授業は臨時休業とし、生徒は自宅で待機する
  2. 午前7~10時の間に警報が解除された場合は、午後に5限以降の普通授業を実施する
  3. 午前10時現在、警報発令中の場合は、終日臨時休校とする

(2)猪名川町・川西市以外で、居住している市または通学経路の市に発令された場合

  1. 午前7時現在、警報発令中の場合は、当該生徒は自宅で待機し、解除され次第登校する 
  2. 午後12時現在、警報発令中の場合は、当該生徒は終日自宅で待機する
  3. 当該生徒は、公認欠席として扱う

(3)定期考査期間に気象警報が発令された場合

本校生が居住する市町(注)に午前7時現在、気象警報が発令されているときは、一日臨時休校とする。この日に予定されていた考査は、考査最終日の翌日に実施する。午前7時以後、始業時刻までに気象警報が発令された場合も同様とする。
(注)本校生が居住する市町は、毎年度4月に学校HP上に提示する。学年末考査においては、当該学年の生徒居住地を対象とする。

令和3年度 本校生が居住する地域は以下の通り

1年生 猪名川町、川西市、宝塚市
2年生 猪名川町、川西市、宝塚市、尼崎市
3年生 猪名川町、川西市、宝塚市、尼崎市、西宮市

★交通機関不通の場合

  1. 午前7時現在、阪急バス(清和台方面・六瀬方面)、能勢電車が不通の場合、当該生徒は自宅で待機する
  2. 午前7時~10時の間に不通が解除された場合は、当該生徒は不通解除とともに登校する
  3. 午前10時現在も不通の場合、当該交通機関利用の生徒は登校しなくてもよい。その場合当該生徒は公欠扱いとする