11/29 令和3年度 高校生フォーラム開催

令和3年11月29日(月)、猪名川町主催「第5回猪名川町の未来を描く高校生フォーラム~もしあなたが猪名川町長だったら~」が本校体育館で開催されました。これは本校1年生の生徒たちが、猪名川町を活性化させるためにどのような提案ができるかを考え、発表をしたものです。
本校1年生たちは、今年5月から猪名川町について調べてきました。猪名川町の課題を調べ、それを解決するための提案を考えました。猪名川町の生産人口の推移、観光客の人数や他府県との比較など、様々なデータを用いて調べてきました。また、SDGsも取り入れ、SDGsの観点から猪名川町の活性化を考えた班もありました。

今年度も流通科学大学の学生さんに授業のサポートをしてもらいました。今年度は各班に最低1名の学生さんに入ってもらい、総勢34名の学生さんにお世話になりました。さすが大学生と言える視点で指摘やアドバイスをしてもらえて、生徒たちの内容がとても良いものとなりました。「高校生にない視点でアドバイスをしてくれてとても助かった」という声がアンケートを通して数多く寄せられました。流通科学大学のみなさん、本当にありがとうございました。

そして、11月15日にクラス内発表を行い、代表に選ばれた班が29日の高校生フォーラムの場で発表を行いました。どの班もパワーポイントを駆使し、自分たちが調べた内容や提案を一生懸命に伝えていました。また、今年度は感染症対策としてオンライン方式で行い、猪名川町長をはじめ猪名川町役場の審査員とオンラインで繋ぎ、審査をしていただきました。さらにその様子をYouTube LIVE配信として保護者の方や地域の方にご覧いただいたり、ジェイコムのニュース番組で取り上げていただいたりもしました。

1年間の取り組みを終えて、生徒たちは猪名川町について深く知ることができました。また、資料の活用の仕方やデータの読み方、SDGsなど数多く学ぶことができました。この経験を今後の高校生活に生かしていきたいと思います。

流通科学大学のHPでもこの取り組みのことが取り上げられています。
↓こちら↓
https://www.umds.ac.jp/210916/