6/24 園長講話「いかに保育をするか」

6月24日(木)、教育コミュニケーション類型2年生を対象に外部講師による特別授業を実施しました。

講師に、学校法人ひかり学園 美山こども園の関西園長先生をお招きし、「子どもの発達のためにいかに保育をするか」ということについて講義していただきました。教科書には載っていない、保育者としての望ましい姿や、必要な資質について意見を出し合い、考えを深めることができました。

今回の講義内容を、夏の保育実習や保育検定の場で活かしていきます。

 

【生徒の感想より】

・教科書とかを読んで学ぶのも大切だけど、実際の話を聞くとすごく刺激になるし、一番早い勉強だと思った。

・先生に向いている人が、「子どもが好き」ではなくて「子どもが嫌いでない人」と書いてあったのが、理由を聞いてとても納得できた。

・最近は、幼保連携型認定こども園が増えているので、幼稚園教諭の免許だけでなく、保育士の資格も取る必要があると知ることができました。ピアノの練習など、今から努力できることもあるので、早めに取り組もうと思いました。

・幼稚園の先生になるには、大学へ行った方が良いのかなと思いました。これからの進路、将来について、改めて考えようと思うことができました。