1/21 2年類型「発達と保育」特別授業川西南保育所長による講義

1月21日(火)3限2年5組教室にて、川西市立川西南保育所、所長林和美様を講師として「所長講話」を実施していただきました。保育所と子ども園の役割や一日の流れなど、保育の仕事内容ややりがいについてお話いただきました。(以下生徒感想)

  • 細かいところまで教えてくださったので、子どもたちの様子や生活などを良く知ることができました。クラスの中だけでなく、学年を超えて一緒に遊んでいることはとても良いなと思いました。
  • すごく子どもの気持ちを尊重していたのですごいなと思いました。なんでも自分でやることで、すごく成長するし、自分のできることできないことが分かり、できるようになりたいと思うようになっていくのだろうなと思いました。
  • 保育士が何でもするのではなくて、5歳や4歳のお兄さん、お姉さんが小さい子に手本を見せられるようにしていて良かったです。
  • 保育士という仕事は子どもたちの笑顔が見られて肌で感じられて、とても素敵な職業だと思った。

コメントを残す