英語ディベートコンテスト

投稿日:2017年02月09日

2月5日(日)、神戸市外国語大学にて開催された第10回兵庫県高校生英語ディベートコンテストに代表生徒6名[藤原有花さん(2年)、小林優斗くん(2年)、足立季莉さん(2年)、佐藤快樹くん(2年)、安下尚吾くん(1年)、植松大翔くん(1年)]が出場しました。

今年度の論題は、“Japan should start allowing more immigrants into the country.”「日本はより積極的に移民を受け入れるべきだ。是か非か。」

試合ごとにAffirmative(肯定派)かNegative(否定派)のどちらの立場で討論をするかが決められ、事前に準備しておいた資料を基に議論を展開します。

くじで決まったブロックごとに予選を行い、上位2チームが決勝トーナメントに出場できます。
VS 尼崎稲園高校ディベートの様子県立尼崎稲園高校との予選:本校はAffirmative(肯定派)

VS 明石西高校県立明石西高校との予選:本校はNegative(否定派)

IMG_1203試合後のワンショット

集合写真

今回は決勝トーナメントに残る事ができませんでしたが、「グローバル発表会とも重なり、時間がない中での準備でしたが、準備不足とは感じなかった。予選で敗退してしまったのは悔しいが、伝えたい事は伝えきれたと思うし、スムーズに英語で意見を言う事ができた。」と参加した生徒が話してくれました。来年度、また一歩前進してくれることを期待しています。