マエストロ弦楽器制作者 松下敏幸氏講演会 ―音を創る―

投稿日:2016年11月11日

本校の卒業生であり、現在イタリアのクレモナにて弦楽器工房を構え、弦楽器制作者として世界的に活躍をされている松下敏幸氏と、東京藝術大学音楽学部別科卒業、国費留学生としてハンガリー国立リスト音楽院を修了され国内外で活躍されているバイオリニストの浅野未希さんにレクチャーコンサートをしていただきました。CIMG3384

松下さんは、朝来市佐嚢のご出身で、本校の27期生です。

CIMG3389

大学卒業後、世界3代バイオリンストラディバリウスの故郷であるイタリアのクレモナという町に渡られ、それ以降、クレモナで弦楽器制作をされています。CIMG3394

楽器に利用する木は、奏でる音質に大きく影響を与えるため、楽器を制作される際の木選びについてや、木へのこだわりについて詳しくお話しいただきました。
CIMG3397

松下さんの工房の様子

日光がしっかり入る大きな窓の窓際に作業机があります。

CIMG3407

浅野さんは、松下さんが2010年作成された”passione”(情熱)という名前のバイオリンを所有されています。CIMG3409浅野さんの演奏を聴いた後で・・・CIMG3414松下さんによる調律を実演していただき、

再び同じ曲を聞きました。

音色の違い 調律ビフォーアフター です。

調律は、楽器の中の魂柱を零コンマ数ミリの間隔で動かして前板と背板のテンションを調節する作業だと解説しながら作業をされていました。
CIMG3420

次は、松下さんが作成されたバイオリン2本の聞き分け体験です。

同じ種類の木を使っても、同じ職人が作成しても、

人と同じように、一挺一挺特徴が異なっていて、同じものは二挺と造れないそうです。

CIMG3423

最後に、生野高校校歌の演奏と、バイオリンの伴奏による校歌の斉唱をしました。CIMG3432

生徒会役員による謝辞と花束の贈呈CIMG3434遠い異国で活躍をされている大先輩の貴重なお話を伺うことができました。生徒の皆さんも、先輩に負けないよう、様々な事にチャレンジする心を大切にしましょう。
CIMG3441