文化祭 茶道部

投稿日:2016年07月11日

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ

現代語訳:夏の夜はとても短いので、まだ宵の時分だなあと思っていたら、もう明けてしまった。

月もいったい雲のどこのあたりに宿をとっているのだろうか

 

今年のテーマは「夏の夜」でした

ticket

今年のお茶券です。3年生が一生懸命作りました。

 

DSCN2761

入口の書は武田先生に書いていただきました。

 

CIMG1260

CIMG1347

3年生は最後のお点前です。

 

CIMG1258

お客さんも、慣れない席に緊張気味です。

 

DSCN2766

お菓子は、中山製菓さんに作っていただいたオリジナル。名前は「夏の夜」です。

 

「お菓子をどうぞ」

 

CIMG1261

おいしいお菓子に自然と笑顔がこぼれます。

 

DSCN2751部員みんなでお運びをします。 

古袱紗(こぶくさ)にお茶碗を乗せて運び、お茶碗を回してお出しします。

 

DSCN2755

ケーブルテレビのカメラが回っていると、更に緊張してしまいますね。

 

部活動を通してお世話になった華道や茶道の先生方にも召し上がっていただきました。

 

DSCN2811

最後にみんなで記念撮影

 

オリジナルのお菓子と、一服のお茶

ほっこり、ゆったりとした「夏の夜」のひとときを過ごすことができました。