【春待祭】

1月12日(日)

神戸芸術工科大学において、春待祭を行いました。

ギャラリーセレンディップで書道・美術の作品を展示、

ホールでは演劇部、音楽、書道パフォーマンス、映像メディア、放送部等のステージが披露されました。

【和綴じ本づくり】(インスパイア事業)

図書委員を対象に、12月17日(火)県立図書館の司書の方3人に来ていただき、和綴じ本づくりを教えていただきました。

表紙→見返し→本文→見返し(柄)→表紙の順に紙をクリップで重ねて、千枚通しで4か所穴を開け、糸で四ツ目綴じをしていく方法です。

本作成の基本的な方法を学びながら、本のしくみや各部の名称なども同時に確かめつつ、本がどういう風にできていくのかという構造を知ることができ、ますます本に親しみが湧いたようです。

「意外と簡単にできた」「家でもメモ帳などを作ってみたい」「次は和紙を表紙にした本を作ってみたい」など前向きな感想が多く寄せられました。

【冬季祭】

日時:12月17日(火)~20日(金)

今年も冬季祭の季節がやってきました。文化部が日々の活動の成果を発表する場として、創立当初より長年行われてきた毎年恒例の学校行事です。

来年の1月12日(日)には「春待祭」が神戸芸術工科大学の吉武記念ホールで開催される予定になっています。

第3回ビブリオバトル大会

11月13日(水)放課後、本校図書室でビブリオバトル大会を行いました。

ビブリオバトルとは、お気に入りの本を持ち寄って発表し内容を深め合った後、最も読みたくなった本「チャンプ本」を決めるという取り組みです。

“本を通じて人を知る、人を通じて本を知る”新しいコミュニケーションの形です。

 

発表者は、

岸根明沙(1年)さん「ストーリーセラー」有川浩著

山中福子(1年)さん「いなくなれ、群青」河野裕著

笹尾萌々(2年)さん「限りなく黒に近いグレーな心理術」メンタリストDaiGo著

友弘聖(2年)さん「トラペジウム」高山一実著

早瀬智乙(2年)さん「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」汐見夏衛著

の5人でした。

岸根

山中

笹尾

友弘

早瀬

それぞれが個性的にそれぞれの本の良さと本への熱い思いを伝えてくれました。

投票の結果、チャンプ本は、「限りなく黒に近いグレーな心理術」に決まりました。

ホルン 全体

開票中には、吹奏楽部有志によるホルンの三重奏もあり、本だけでなく、音楽ともコミュニケーションをとることのできた文化的なひとときになりました。

【体育大会】

10月2日(水)体育大会が行われました。

お天気が心配されましたが、無事に開催することができました。

短距離走、リレー、ムカデ競争、大縄跳び、棒引き、障害物競走などの種目で競いました。

部活動紹介(行進)と部対抗リレーはそれぞれの運動部のユニフォームで、それぞれの個性を発揮し、大いに盛り上がりました。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

IMG_0188 IMG_0190 IMG_0191 IMG_0194 IMG_0198 IMG_0203 IMG_0206 IMG_0218 IMG_0220 IMG_0231 IMG_0238 IMG_0247 IMG_0249 IMG_0250 IMG_0266

【生徒会認証式・陸上部壮行会・終業式】

7月19日(金)

体育館において、新生徒会役員の認証式を行いました。IMG_0166

続いて、陸上部の櫻川響晶さん(2000m障害)の第7回全国高等学校陸上競技選抜大会出場、櫻川さん(3000m障害・5000m)、尾中花和さん(5000m)、濱田藍名さん(3000m)の第87回近畿陸上競技選手権大会出場に向けた、壮行会を行いました。

IMG_4020

最後に終業式を行い、1学期が終了しました。

これから、暑い熱い夏休みです。勉強に、部活動に、活躍を期待しています。