学力向上プロジェクト

3年選択「子どもの発達と保育」赤ちゃんのおむつ

|更新:2018年11月06日

 11月1日(木)、3年生選択授業「子どもの発達と保育」において、「赤ちゃんのおむつ~布おむつと紙おむつを比べてみよう」という授業を実施しました。コーベベビー株式会社より内藤先生にお越しいただき、おむつの歴史やおむつの素材と構造について、環境配慮についてなどのお話を伺いました。また、紙おむつと布おむつを赤ちゃん人形に着けたり、紙おむつと布おむつを腕に着け、ぬるま湯を含ませて感触を比較する実験をしたり、紙おむつの断面を観察するなど、体験的な学習に取り組みました。

 



3年選択「フードデザイン」飾り寿司

|更新:2018年11月01日

 3年生選択「フードデザイン」の授業で、飾り寿司インストラクターの小林先生に「飾り四海」をご指導いただきました。前回の講義では、飾り寿司の歴史や小林先生のキャリアのについてお話しいただき、今回は、寿司飯の作り方や、日本の伝統文様である四海文様を巻き寿司で表現する実習に取り組みました。
 きゅうりを巻いたものを4等分にカットするところに苦労しながらも、うまく組み合わせることができ、完成したものをカットした断面の美しい四海文様に感動しました。

 



「キャリアトーク・飾り寿司について」(3年「フードデザイン」)

|更新:2018年10月15日

 3年生選択「フードデザイン」の授業で、飾り寿司インストラクターの小林先生に「キャリアについて」と「飾り寿司について」のお話をしていただきました。これまでにあった転機や、起業について、飾り寿司インストラクターを目指されたきっかけといったご自身のキャリア、寿司の歴史などをお話してくださいました。10月31日には、飾り寿司の実習をご指導いただきます。
 



高校生グルメチャレンジin丹波ささやま(家庭科)

|更新:2018年10月11日

 10月6日(土)、四季の森生涯学習センターにて「高校生グルメチャレンジin丹波ささやま」の決勝戦が行われました。篠山市の特産品をPRしようと篠山市商工会議所が開催し、応募した24品の中から選ばれた5グループが決勝戦に参加しました。本校からは3年生「フードデザイン」を選択している2人が決勝に挑み、「篠山の黒豆を使ったちらし寿司」を調理し審査していただきました。入賞は果たせませんでしたが、決勝戦に参加できたことが生徒たちの励みになりました。
 



第33回兵庫県英語スピーチコンテスト丹有地区大会

|更新:2018年10月10日

 10/8(月・祝)に三田祥雲館高校にて第33回兵庫県英語スピーチコンテスト丹有地区大会が開催されました。本校からは2年生の奥田さん(2-1)、森さん(2-4)、1年生の中川くん(1-4)がそれぞれスピーチと暗唱の部で出場しました。緊張の中、夏休みから練習した成果が発揮できました。また、中川くんにおいては暗唱の部において総合4位という結果で表彰されました。彼らのこれからの頑張りに期待したいです。
 



3年選択「子どもの発達と保育」

|更新:2018年10月03日

 3年生選択「子どもの発達と保育」授業にて、特別非常勤講師として中澤先生にお越しいただき、「読み聞かせ実践」をテーマにご指導いただきました。たくさんの絵本を紹介してくださり、絵本の選び方や読み聞かせ方法、紙芝居やパネルシアター、エプロンシアターなどさまざまな種類の読み聞かせについて教えていただきました。
 



3年選択「フードデザイン」

|更新:2018年09月28日

 3年生選択「フードデザイン」の授業にて、特別非常勤講師として森田先生(日本調理製菓専門学校)にお越しいただき、西洋料理についてご指導いただきました。ボロネーゼ作りのコツを教えていただいたり、カラギーナンを使ったレモンゼリーを作ったりしました。生徒たちは、森田先生のプロの技術を目の当たりにし、フライパンを振る動作を真似して学ぶなど、熱心に取り組みました。
 





インスパイアハイスクール事業―岡山大学OC―

|更新:2018年08月14日

 1~3年生の生徒37名がインスパイア・ハイスクール事業で岡山大学のオープンキャンパスへ参加しました。模擬講義や研究室訪問では、岡山大学の学生や教授から、様々な話を聞くことができ、大学での学び体験することができました。また広大なキャンパス、食堂、図書館に足を運び、大学の雰囲気を感じることができました。
 



第11回科学交流合宿研修会

|更新:2018年10月26日

兵庫「咲いテク」事業プログラム第11回科学交流合宿研修会-サイエンスコラボレーションin武庫川-が7月23日~24日にかけて実施され、兵庫県下60名の高校生が参加し、本校からも自然科学部員6名が参加しました。23日、各校英語での学校紹介の後、高校の枠を取り払って4名程度の研究班を作り、各班、阪大・神大・甲南大・武庫川女子大・理化学研究所などの16の研究室に移動しました。そこで、大学の先生の指導のもとで課題を設定し、その課題を解決するための実験を計画・実施しました。その夜は遅くまで班内で議論・協議してデータの検証を行い、結果をまとめました。翌日は、その課題の解決について、各班それぞれ工夫を凝らしたプレゼンテーションを全受講者の前で行いました。大学での課題研究の手法を体験し、さらに学校の枠を超えた協力を経験することで、参加した生徒は、これまでとは違う「自ら学ぶ力」をつけることができたと思います。



ふれあい育児体験(2年)

|更新:2018年07月13日

 「ふれあい育児体験」として、篠山市立たまみず幼稚園と篠山市立篠山幼稚園に2年生が訪問し、園児さんらと交流させていただきました。1学期は、12日に3組、17日に2組が実施。2学期には1組、4組が実施予定です。初日、たまみず幼稚園では創作遊びを、篠山幼稚園ではプール遊びを中心に活動しました。はじめは緊張していた様子の生徒たちも、遊びを通じて交流する中で笑顔がたくさんみられました。



1年生 総合的な学習の時間(地域探究)講演会

|更新:2019年12月19日

 1年生「総合的な学習の時間(地域探究)」の授業において、神戸大学大学院農学研究科より木原奈穂子氏にお越しいただき、ポスターセッション講座を実施しました。研究内容を発表するためのポスターを作成するときに、注意するポイントを、スライドをもとに説明して



1年生 総合的な学習の時間(地域探究)講演会

|更新:2019年12月19日


 1年生「総合的な学習の時間(地域探究)」の授業において、人と自然の博物館より池田忠広氏にお越しいただき、講演会を実施しました。「よみがえる丹波竜の世界」というタイトルで、丹波竜の発掘の経緯やその学術的な価値、そして発掘作業への市民ボランティアの参加などについて、お話しいただきました。