学力向上プロジェクト

2年生総合学科コース地域探究英語プレゼン発表会

|更新:2020年12月24日

 入学時から取り組んできた地域探究での成果を英語で発表しました。発表だけでなく、司会や質疑応答もすべて英語で行いました。発表会には1年生の総合科学コースの生徒も参加し、自分たちの探究活動の参考になったと思います。また、市内のALTや他校の英語教員にも参加いただき、充実した発表会となりました。
 



第1回ユネスコ創造都市高校生サミット

|更新:2020年12月21日

 ユネスコ創造都市に認定されている市を対象としたオンラインサミットに、1年生総合科学コース6名が参加しました。丹波篠山市の他に、旭川市、山形市、鶴岡市、名古屋市からの参加もありました。高校生として何ができるかを他市の生徒と考えることで、自分たちの市の良さを改めて知ることができました。今日のことを今後の探究活動に生かしていきたいと考えています。
 



(丹有地区教育関係の皆様)令和2年度 兵庫県立篠山鳳鳴高等学校 地域探究英語プレゼン 実施要項 及び 申込書

|更新:2020年11月24日
アイコンをクリックすることで拡大表示できます。
拡大表示された状態で、再度アイコンをクリックすると元の状態に戻ります。
10a04fa576edaa6008287e1746b45940
 アイコンをクリックするとが表示されます。印刷のアイコンをクリックすることで印刷できます。また、pdfファイルをダウンロードすることもできます。
5078c22b449af4e40b5a7071f9464051


令和2年度 高大接続改革推進事業 3校合同ディベート大会

|更新:2020年11月17日

 本日、「令和2年度 高大接続改革推進事業 3校合同ディベート大会」を遠隔システムを使用し、本校、八鹿高校、洲本高校の3校で実施しました。
 
 論題は「大学は、オンライン授業で代替した期間についての学費を減額するべきである。是か非か。」で、(1)「諸問題に対する様々な意見を傾聴する姿勢を養う」、(2)「自分の考え方を正確に分かりやすく伝える技量を養う」、(3)「活動をとおして、主体的かつ論理的に判断できる問題解決能力を養う」という目的で行いました。
 
各校とも緊迫したなか、以下のような対戦結果になりました。
 第1試合は、肯定側洲本高校、否定側八鹿高校、司会・審判篠山鳳鳴高校で、否定側の八鹿高校の勝ち。
 第2試合は、肯定側八鹿高校、否定側篠山鳳鳴高校、司会・審判洲本高校で、肯定側の八鹿高校の勝ち。
 第3試合は、肯定側篠山鳳鳴高校、否定側洲本高校、司会・審判八鹿高校で、肯定側の篠山鳳鳴高校の勝ち。

 





74回生総合科学コース地域探究英語プレゼン①

|更新:2020年11月04日

 12月に行われる地域探究英語プレゼンの準備が本日から始まりました。今日は以前まで行っていた地域探究の振り返りを各班で行いました。次週より本格的に英語でのスライドの作成に移ります。
 





数学科研究授業

|更新:2020年10月31日

 1年生普通コース数学Ⅰ「三角比」、2年生総合科学コース理系クラス数学Ⅱ「微分法の応用」でICTを用いた研究授業を行いました。
1年生ではIpadのアプリを用い、グループで建物の高さを測りました。2年生では、グラフ描画アプリgeogebraを用い、容積の最大値を考えました。

 



74回生 ディベート・クラス対抗学年マッチ

|更新:2020年10月27日

 クラスマッチに引き続き、「日本は中学生以下の携帯電話の使用を禁止するべきである。是か非か。」という論題で、学年マッチを行いました。1回戦は肯定側4組対否定側3組、肯定側2組対否定側1組でマッチを行い、それぞれ4組と1組が勝利しました。決勝戦では肯定側1組対否定側4組でマッチを行い、4組が勝利しました。
 



3年選択「子どもの発達と保育」防災教育

|更新:2020年10月09日

 3年選択「子どもの発達と保育」で、丹波篠山を中心に活動されている「みんなで減災し隊!」の方々にお越しいただき、防災教育に取り組みました。身近な災害と備えについてお話をうかがったり、クイズ形式で考えたりしました。「災害から、自分の命や、家族・子どもたちの命を守る」という意識を高める契機となりました。
 



74回生 ディベート・クラスマッチ

|更新:2020年10月08日

 「日本は中学生以下の携帯電話の使用を禁止するべきである。是か非か」という論題で、クラスマッチを行いました。どのクラスでも白熱した試合が繰り広げられました。考査後にはクラス代表によるクラス対抗学年マッチを行います。
 


 



2年 消費者教育

|更新:2020年10月06日

 10月5日、丹波県民局県民交流室県民課の消費生活出前講座を活用し、「消費者が主役の社会へ~めざせ!自立した消費者~」について、消費者教育実践グループSnoより講師の先生方にお話をしていただきました。
 「若者がトラブルに遭いやすい悪質商法」については、過去の事例などを紹介していただきました。トラブルに遭わないためにどのように断るか、トラブルに遭ってしまったらどこに・誰に相談するかなどを考えるワークをして、実践につながる学びとなりました。
 



クロスカリキュラム「Malala Continues to Speak Out」 (コミュニケーション英語×現代社会)

|更新:2020年10月05日

 クロスカリキュラム「Malala Continues to Speak Out」(コミュニケーション英語×現代社会)の授業を1年4組で行いました。クロスカリキュラムでは、学習内容について科目を横断して学ぶことで、より深く確かな知識を身に着けることを目的としています。今回は、2014年にノーベル平和賞を受賞したマララさんを題材に、学びを深めました。
 



SHR in English

|更新:2020年10月05日

 Sam, Homei’s ALT, did a SHR in English in 2-4 today to improve their English.
There was a little information and we had enough time to talk about today’s school life and present it in English to the class.
(語学力向上を目的として、本校ALTのSamが2年4組総合科学コースでSHRを行いました。連絡が1点だけで時間があったので、今日の学校生活について話し合い、英語で発表を行いました。)

 



74回生 ディベート③

|更新:2020年10月01日

 来週のクラス内マッチに向けて、班内で模擬ディベートを行いました。本番までに立論の組直しや反論や反ばくの対応を考え、マッチに臨みます。
 



1年生「職業人インタビュー」報告会(9月30日)

|更新:2020年10月01日

 夏休み課題の「職業人インタビュー」について、各クラスでの報告会を経て、学年全体で報告会を実施しました。HR委員8名が、準備から当日の司会・進行などの役割を担い、クラスの代表生徒が報告しました。ご家族などインタビューにご協力いただきましたみなさま、ありがとうございました。
 







74回生 ディベート②

|更新:2020年09月25日

 本日は立論の組み立てと質疑応答への対応を考えました。次回は班内で模擬ディベートを行います。
 



74回生 ディベート①

|更新:2020年09月10日

 ディベートの授業が本格的に始まりました。「日本は中学生以下の携帯電話の使用を禁止するべきである」という論題に対して、班ごとに肯定側・否定側に分かれ、資料やデータの収集を行いました。
 


 



74回生 ディベート(ガイダンス)

|更新:2020年09月05日

 地域探究が終わり、2学期からディベートを行います。傾聴する力や自分の考え方を分かりやすく伝える力を養います。
本時はディベートの説明と教員による模擬ディベートを行いました。