女子硬式テニス部日誌「夏季ジュニア本戦」

令和元年9月21日(土)、神戸総合運動公園にて夏季ジュニアテニス選手権大会の本戦が行われました。本校の松岡さんが、予選で優勝したため、この本戦大会に出場する事になりました。この日は、選手全員で松岡さんの応援をし、その後本戦の見学をする事にしました。
松岡さんの初回戦の相手は、県第1シードの相生学院所属の選手でした。一見するとツキのないドローのようにも思えますが、考え方を変えると全国レベルの選手と試合をする機会は、経験としては非常に貴重なものだと思います。




結果として1-6で敗退してしまいましたが、負けた事よりも内容が少し受け身になってしまった事が今後の課題だったように思います。とは言え、県の第1シードから1ゲームを取る事ができた事自体は、前向きにとらえて欲しいと思います。

その後の本戦見学でも、本当にレベルの高い試合をたくさん見学する事ができました。フットワークの良さ、フォームや打点が安定してる事、体幹が強く頭がぶれずにスイングできている事、見習うべき事がたくさんありました。
明日からの練習にフィードバックし、本戦選手の良いところをたくさん吸収してほしいと思います。