育友会 進路セミナー

去る9月7日(土)、ウッディタウン市民センター大会議室にて育友会進路セミナーを開催いたしました。
今年度は、講師に駿台予備校 神戸校 校舎長 川道 善弘氏と、NPO法人 学進育成ラボ 理事長 今中 一雄氏をお迎えし、約2時間にわたり貴重なお話をしていただきました。

まず、川道 義弘氏には『第一志望はゆずれない』と題して、大学入試の現状と保護者の役割についてお話をしていただきました。
2021年度にスタートする大学入学共通テストについてや変革期の入試に対する考え方、どのように取り組めばいいかなどを教えていただき、大変参考になりました。

今中 一雄氏には、『いつまで、どこまで、どのようにして親は子どもの面倒をみるのか』と題して、かつての若者と違い、周囲との関係不安を感じている現在の若者への家庭の重要性や、今、企業や社会が求める資質について教えていただき、子どもの面倒をみる目安についてお話をしていただきました。

子どもたちを取り巻く環境が変化するなかで、子どもの話に耳を傾け、しっかり向き合い、後悔しない選択ができるように、親としてどのようなサポートが必要なのか考える有意義なセミナーでした。