「北三 校長室から」No31(R1.8.29)留学生

夏休みが終了し、今日から生徒は登校しています。最初に全校集会を行い、私からは「固定観念を捨てる」=「物事を多面的に観る」ことについて話をしました。今までやってきたことがベストなの?今まではこうしてきたけど時代やニーズに合っているの?このやり方で本当に良いの?等、自分で日々の生活を振り返って自分で考えてほしいと思っています。その他には表彰状伝達や全国大会報告等を行いました。(広報担当から詳しく報告があります)

そして今日から3名の留学生(オーストラリア姉妹校から2名、アジアの架け橋プロジェクトでトルコから1名)が本校にやってきました。校長室に挨拶に来てくれましたので、いろいろと話をしましたが、3人とも日本が大好き、日本のことを勉強したいと意欲満々です。

 (左:マデイソンさん、中:ゼイネップさん、右:ミレイさん)

自転車通学のリスクを考慮するとなかなか自転車での通学が厳しく、時間的な制約が大きいのですが、皆と仲良く、そして北三で貴重な経験をしてほしいと思います。 校長 廣瀬雅樹