女子硬式テニス部日誌「新人戦個人戦本戦」

令和元年8月19日(月)赤穂海浜公園にて、新人戦個人戦本戦が行われました。




本校からは、予選ブロックで優勝した松岡さん、川岸さん、瀬戸さんがシングルスに、松岡・川岸ペアがダブルスに出場しました。


最初はダブルスから行われ、初戦は強豪啓明学院のペアとの対戦となりました。最初のゲームで積極的に前衛が動き、順調にキープできましたが、次のゲームはいい流れではあったものの、ミスが続き相手にサービスをキープされてしまいました。しかしミスの内容は悪くなく、このまま強気で臨んでいけば良かったのですが、少しミスを引きずってしまい、少しずつプレーが消極的になってしまいました。その結果6-2で敗退してしまいました。



次はシングルスでした。松岡さんは宝塚東高校の選手と対戦し、瀬戸さんは伊丹西高校の選手と対戦しましたが、惜しくも敗退してしまいました。川岸さんは、初戦で兵庫高校の選手と対戦し、勝利しましたが、次の試合で啓明学院に敗退してしまいました。川岸さんは、何とか本戦で1勝を飾る事ができ、まずまずの結果だったのではないでしょうか。



本戦では予選より1ランク上の戦い方が要求されます。精神的にもより積極性が必要です。この体験を、自分の殻をやぶるきっかけにして欲しいと思います。これから、赤穂を出発し、青野スポーツホテルでの合宿に直行します。ここでの体験を合宿の練習にフィードバックし、さらなる飛躍につなげて欲しいと思います。

最後に、新人戦本戦を運営して下さった西地区の顧問の先生方、応援に来て下さった保護者の方々、テントに一緒に入れてくれた三田学園の方々、本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。