女子硬式テニス部日誌「新人本戦前日練習試合」

令和元年8月17日(土)18日(日)と新人戦本戦出場予定の松岡さん、川岸さん、瀬戸さんの3名が練習試合に遠征に出ました。
8月17日(土)は、須磨翔風高校にお邪魔しました。この学校は公立にも関わらずオムニコートを4面要する数少ない学校です。ダブルスで本戦に出場予定の須磨翔風高校の選手2名と北須磨高校の本戦出場予定の選手2名と本校の3名の計7名で練習試合を行いました。盆明けという事と、新人戦本戦間近で追い込む時期ではないという事で、シングルス・ダブルスを20分で1試合を回す変則的な形式で練習試合を行いました。

8月18日(日)は、芦屋学園にお邪魔しました。オムニコート5面で、男女20名弱の本戦出場予定選手が集まり、練習試合を行いました。ここではシングルス・ダブルスをそれぞれ2-2からの1セットマッチで練習試合を行いました。本戦出場選手ばかりが集まっているので、高いレベルの中での練習試合で、とても有意義なものとなりました。




本戦は、赤穂海浜公園で行われ、サーフェイスはオムニコートです。本戦直前に二日間オムニコートで練習試合ができたのは、それだけでも有意義だったと思います。それに加え、同じ本戦に出場する選手たちとレベルの高い練習試合を行う事ができ、本当によい経験になったと思います。明日は、いよいよ本戦です!!まずは1勝目指して頑張りましょう!!

最後に、今回の練習試合を企画し、運営し、声をかけてくださった各校顧問の先生方、また一緒に練習試合をしてくれた選手の皆さん、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!!