放送部 全国大会報告

7月22日から25日までの間、本校放送部は東京のオリンピックセンターとNHKホールで行われた、「第66回NHK杯全国放送コンテスト 全国大会」に出場しました。
本校は創作ラジオドラマ部門に「O₂枯れ人類(おつかれ じんるい)」という番組で出場しました。
結果は、準決勝に進出し、制作奨励賞を受賞することができました。
前回出場させていただいて以来、7年間県大会決勝の壁に全国出場を阻まれ続けていたので、久しぶりの全国大会で準決勝まで勝ち残れたことは、大きな財産となるはずです。
番組はもちろん、アナウンスや朗読においても、全国レベルの読み方を聞くことができ、1・2年生部員にとっては今後の参考になったと思います。
これから新体制で再スタートを切りますが、気負わずのびのびと、失敗を恐れずにしっかりと伝えることを念頭に置きながら、基本の発声から磨きなおし、32回生放送部員を中心にして残すことができた大きな財産をしっかり生かしていこうと思います。
最後に、ここまで支えてきてくださったすべての方々への感謝も合わせてお伝えしたいと思います。本当にありがとうございました。

写真:決勝大会終了後 NHKホール前にて撮影